Back

News

日本ラウンド、フリー走行2回目もタルキーニはトップ ローブが追い上げ

日本ラウンド、フリー走行2回目もタルキーニはトップ ローブが追い上げ

12/09/2015 06:14

JVC KENWOOD WTCC日本ラウンドのフリー走行2回目は、またもホンダのガブリエル・タルキーニが最速タイムで“ハットトリック”を飾った。だが、シトロエンのセバスティアン・ローブが0.294秒差で2位に迫っている。

ツインリンクもてぎでのフリー走行2回目で、タルキーニは1分56秒968というタイムを出した。チームメートのチアゴ・モンテイロが3位とホンダの好調ぶりを示し、4位にもシビックのプライベートドライバーであるノルベルト・ミケリスが入っている。

11日のテストや12日のフリー走行1回目でもトップだったタルキーニは、「2回目もトップに立つのは夢だったけど、次(のセッション)が非常に重要だ」と述べた。「どうやって改善できるかは分からない。僕らはとても良いセットアップを見つけたからね。エンジンも正しく機能している。でも、今はQ3でポールポジションを争うためにすべてを完璧にしなければいけない」。

5位はトム・コロネル、6位はマ・チンホワ、7位はニッキー・カツバーグと続き、シボレーのウーゴ・バレンテとトム・チルトンのペアがこれに続いた。ホセ・マリア・ロペスは10位。WTCCデビューとなるニコラ・ラピエールが11位につけている。

その後はステファノ・ダステ、メフディ・ベナーニ、グレゴワール・ドゥムースティエ、ジョン・フィリッピ、イヴァン・ミュラーと続いた。ロブ・ハフはスロットルとみられる問題で3ラップしただけの17位に終わっている。

フリー走行2回目の順位はこちらをクリック。

9月2日から4日まで開催されるWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍は、成功のためにベストを尽くすと語った。

ホンダがファクトリーマシンを1台増やすことになった。9月2日から4日に開催されるWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、日本人ドライバー道上龍が参戦することになったのだ。

来月、WTCCにデビューするエステバン・ゲリエリ。2連覇中の王者ホセ・マリア・ロペスに続くドライバーにまつわる注目の10ポイントを紹介する。

エステバン・ゲリエリが来月のWTCCアルゼンチンラウンドで、王者ホセ・マリア・ロペスとともに地元のトラックを走ることとなった。

ドライビングで語るホセ・マリア・ロペスだが、今月のブエノスアイレス200キロではステアリングをマイクに持ち替えることになった。

来月のアルゼンチンラウンドを前に、ロブ・ハフはテルマス・デ・リオ・オンドのサーキットを「美しいトラック」と評している。