Back

News

日本ラウンド、フリー走行2回目もタルキーニはトップ ローブが追い上げ

日本ラウンド、フリー走行2回目もタルキーニはトップ ローブが追い上げ

12/09/2015 06:14

JVC KENWOOD WTCC日本ラウンドのフリー走行2回目は、またもホンダのガブリエル・タルキーニが最速タイムで“ハットトリック”を飾った。だが、シトロエンのセバスティアン・ローブが0.294秒差で2位に迫っている。

ツインリンクもてぎでのフリー走行2回目で、タルキーニは1分56秒968というタイムを出した。チームメートのチアゴ・モンテイロが3位とホンダの好調ぶりを示し、4位にもシビックのプライベートドライバーであるノルベルト・ミケリスが入っている。

11日のテストや12日のフリー走行1回目でもトップだったタルキーニは、「2回目もトップに立つのは夢だったけど、次(のセッション)が非常に重要だ」と述べた。「どうやって改善できるかは分からない。僕らはとても良いセットアップを見つけたからね。エンジンも正しく機能している。でも、今はQ3でポールポジションを争うためにすべてを完璧にしなければいけない」。

5位はトム・コロネル、6位はマ・チンホワ、7位はニッキー・カツバーグと続き、シボレーのウーゴ・バレンテとトム・チルトンのペアがこれに続いた。ホセ・マリア・ロペスは10位。WTCCデビューとなるニコラ・ラピエールが11位につけている。

その後はステファノ・ダステ、メフディ・ベナーニ、グレゴワール・ドゥムースティエ、ジョン・フィリッピ、イヴァン・ミュラーと続いた。ロブ・ハフはスロットルとみられる問題で3ラップしただけの17位に終わっている。

フリー走行2回目の順位はこちらをクリック。

ホセ・マリア・ロペスにとって、今週末のWTCCは再び夢のような結果となった。中国ラウンドのメインレースを制したロペスは、今季5度目となるTAG Heuer Best Lap Trophyも受賞している。

...

25/09/2016 10:51 - 2016

WTCC中国ラウンドのメインレースは、ホセ・マリア・ロペスが勝利した。シトロエン勢が1・2・3フィニッシュしたことで、WTCCトロフィーではメフディ・ベナーニが暫定で優勝を決めている。(*)

WTCC中国ラウンドのオープニングレースは、ポールスター・シアン・レーシングでボルボをドライブするテッド・ビョルクが初勝利を挙げた。最後から2つ目のコーナーでノルベルト・ミケリスを抜いている。

上海国際サーキットでのWTCC中国ラウンドの予選で苦しんだチアゴ・モンテイロは、レースも厳しい戦いになると予想している。

ホンダが2017年もWTCCに参戦することを決定した。シビックで新たな栄光を目指す。

上海国際サーキットで行われたWTCC中国ラウンドのMAC3は、ホンダが勝利を収めた。