Back

News

日本ラウンド、フリー走行2回目もタルキーニはトップ ローブが追い上げ

日本ラウンド、フリー走行2回目もタルキーニはトップ ローブが追い上げ

12/09/2015 06:14

JVC KENWOOD WTCC日本ラウンドのフリー走行2回目は、またもホンダのガブリエル・タルキーニが最速タイムで“ハットトリック”を飾った。だが、シトロエンのセバスティアン・ローブが0.294秒差で2位に迫っている。

ツインリンクもてぎでのフリー走行2回目で、タルキーニは1分56秒968というタイムを出した。チームメートのチアゴ・モンテイロが3位とホンダの好調ぶりを示し、4位にもシビックのプライベートドライバーであるノルベルト・ミケリスが入っている。

11日のテストや12日のフリー走行1回目でもトップだったタルキーニは、「2回目もトップに立つのは夢だったけど、次(のセッション)が非常に重要だ」と述べた。「どうやって改善できるかは分からない。僕らはとても良いセットアップを見つけたからね。エンジンも正しく機能している。でも、今はQ3でポールポジションを争うためにすべてを完璧にしなければいけない」。

5位はトム・コロネル、6位はマ・チンホワ、7位はニッキー・カツバーグと続き、シボレーのウーゴ・バレンテとトム・チルトンのペアがこれに続いた。ホセ・マリア・ロペスは10位。WTCCデビューとなるニコラ・ラピエールが11位につけている。

その後はステファノ・ダステ、メフディ・ベナーニ、グレゴワール・ドゥムースティエ、ジョン・フィリッピ、イヴァン・ミュラーと続いた。ロブ・ハフはスロットルとみられる問題で3ラップしただけの17位に終わっている。

フリー走行2回目の順位はこちらをクリック。

2016年のWTCCも数多くのドラマと興奮があった。みなさんのWTCCの知識をこちらのクイズでチェック!

12月25日に37歳の誕生日を迎えたロブ・ハフ。2012年の王者であるイギリス人ドライバーのWTCCでのキャリアを数字で振り返る。

...

24/12/2016 06:00 - 2016

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

エステバン・ゲリエリが今季のWTCCに出場したのは一度だけかもしれない。だが、地元アルゼンチンで開催された8月のWTCCで、彼は大きなインパクトを残した。

トム・チルトンは2017年、モータースポーツの歴史をつくることを目指す。初めてWTCCとBTCCを同時に戦うドライバーとなるのだ。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のベストオーバーテイクを選出した。