Back

News

日本ラウンド、フリー走行2回目もタルキーニはトップ ローブが追い上げ

日本ラウンド、フリー走行2回目もタルキーニはトップ ローブが追い上げ

12/09/2015 06:14

JVC KENWOOD WTCC日本ラウンドのフリー走行2回目は、またもホンダのガブリエル・タルキーニが最速タイムで“ハットトリック”を飾った。だが、シトロエンのセバスティアン・ローブが0.294秒差で2位に迫っている。

ツインリンクもてぎでのフリー走行2回目で、タルキーニは1分56秒968というタイムを出した。チームメートのチアゴ・モンテイロが3位とホンダの好調ぶりを示し、4位にもシビックのプライベートドライバーであるノルベルト・ミケリスが入っている。

11日のテストや12日のフリー走行1回目でもトップだったタルキーニは、「2回目もトップに立つのは夢だったけど、次(のセッション)が非常に重要だ」と述べた。「どうやって改善できるかは分からない。僕らはとても良いセットアップを見つけたからね。エンジンも正しく機能している。でも、今はQ3でポールポジションを争うためにすべてを完璧にしなければいけない」。

5位はトム・コロネル、6位はマ・チンホワ、7位はニッキー・カツバーグと続き、シボレーのウーゴ・バレンテとトム・チルトンのペアがこれに続いた。ホセ・マリア・ロペスは10位。WTCCデビューとなるニコラ・ラピエールが11位につけている。

その後はステファノ・ダステ、メフディ・ベナーニ、グレゴワール・ドゥムースティエ、ジョン・フィリッピ、イヴァン・ミュラーと続いた。ロブ・ハフはスロットルとみられる問題で3ラップしただけの17位に終わっている。

フリー走行2回目の順位はこちらをクリック。

ニッキー・カツバーグとトム・コロネルは、WTCC再開となる8月5日から7日開催のアルゼンチンラウンドに向け、さらに調子を整えていくと述べた。

...

01/07/2016 12:00 - 2016

アレッサンドロ・マリアーニは、先週末のヴィラ・レアルでチアゴ・モンテイロが勝利を祝ったことを、アイルトン・セナ氏がインテルラゴスで行われた1991年のブラジルGPで感動的な勝利を収めたときと比較している。

クリス・リチャードはETCCで2ポイントのアドバンテージを手にし、来季のWTCC参戦に向かっている。

ホンダはポルトガルラウンドでチアゴ・モンテイロが勝利を収めた。ノルベルト・ミケリスは、60キロのウェイトにもかかわらず、勝利を手にしたことを喜んでいる。

テッド・ビョルクはヴィラ・レアルのストリートサーキットで「ファイティングパフォーマンス」を披露し、14ポイントを獲得した。

2連覇中の王者ホセ・マリア・ロペスは、6月26日のポルトガルラウンドの予選で何度かミスを犯し、彼もまた人間であることを示した形となった。だが、アルゼンチン人ドライバーは2度のレースでそれぞれ5位となり、選手権でトップを維持している。