Back

News

日本語も話せるWTCC新人ティン・スリトライ

日本語も話せるWTCC新人ティン・スリトライ

21/10/2015 12:00

ティン・スリトライは10月31日から11月1日まで母国タイで開催されるWTCCラウンドでデビューを飾る。カンポス・レーシングでドライブする26歳について、5つのエピソードを紹介しよう。

1: ティンは友人たちと一緒に、「PedLueng」(黄色いアヒル)というバンドを組んでいる。タイやイギリスで人気の曲をカバーし、ギターを演奏。YouTubeでもその視聴できる。

2: ティンはタイ国営放送で「Sane Keela」(スポーツの魅力)という番組のホストを務め、数多くのスポーツアスリートにインタビューしている。この番組は2015年のタイのベストスポーツ番組賞を受賞した。

3: ティンは大学時代に日本で夏を過ごし、カートのワークショップでトレーニングした。日本語も学び、今では流暢に話している。

4: ティンは路上でBMW 320d E92を使用している。現在レースで使用しているBMW 320si E90の2ドアバージョンだ。

5: トレーナーであり、ティンのツーリングカーチームを運営しているティンの父ブリンは、タイで成功したカートやラリーのドライバー。タイラリー選手権のタイトルも獲得している。一方、弟バシンはタイスーパー1500のタイトルを獲得しており、ティンとパートナーを組んで2012年のタイ耐久選手権を制している。バシンは2014年、アジアでのツーリングカーシリーズでも2位に入っており、タイチームの優勝に貢献した。

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。