Back

News

王者ロペス、マラケシュでのテストで最速

王者ロペス、マラケシュでのテストで最速

17/04/2015 14:42

タイトル維持に向けたホセ・マリア・ロペスの好スタートが続いている。WTCCモロッコラウンドのテスト走行で、最速タイムをたたき出した。

Cエリーゼで最終ラップに好タイムを出したシトロエン・レーシングの王者だが、パフォーマンスに浮かれてはいない。

ロペスは「ただのテスト走行でしかない。まだ道のりは長いんだ」と述べた。「マシンに乗るときは常にトライする。感触もセットアップも良い感じだ」。

ロペスはチームメートのイヴァン・ミュラーに0.581秒差をつけた。3位はヨコハマドライバーズ選手権でトップの地元の英雄メフディ・ベナーニ。カンポス・レーシング・シボレーRMLクルーズTC1のウーゴ・バレンテが4位となり、マラケシュ初挑戦のシトロエンのマ・チンホワが5位だった。ホンダ・シビックでトップのチアゴ・モンテイロは6位。ロブ・ハフは12位で、ラーダ勢はこれが最速だった。

テスト走行は晴天の下で、26℃のドライコンディションで行われた。WTCCのスターたちは18日にフリー走行1回目に臨む。テスト走行の結果はこちらをクリック。

中国ラウンドのフリー走行2回目は、ポールスター・シアン・レーシングのフレデリク・エクブロムが最速タイムを出した。

全長4.603キロの上海国際サーキットで開催されたWTCC中国ラウンドのフリー走行1回目は、ボルボS60ポールスターTC1を走らせるテッド・ビョルクが最速タイムを出した。

ロブ・ハフは25日のWTCC中国ラウンドで、ファーストラップにドラマがあるかもしれないと予想する。

イヴァン・ミュラーが、今シーズン限りでWTCCから身を引くことになった。

先週末、ツインリンクもてぎで開催されたWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドを数字で振り返る。

チアゴ・モンテイロとイヴァン・ミュラーは、今月末のWTCC中国ラウンドからWTCCドライバーズ選手権の2位の座を狙う。