Back

News

王者ロペス、マラケシュでのテストで最速

王者ロペス、マラケシュでのテストで最速

17/04/2015 14:42

タイトル維持に向けたホセ・マリア・ロペスの好スタートが続いている。WTCCモロッコラウンドのテスト走行で、最速タイムをたたき出した。

Cエリーゼで最終ラップに好タイムを出したシトロエン・レーシングの王者だが、パフォーマンスに浮かれてはいない。

ロペスは「ただのテスト走行でしかない。まだ道のりは長いんだ」と述べた。「マシンに乗るときは常にトライする。感触もセットアップも良い感じだ」。

ロペスはチームメートのイヴァン・ミュラーに0.581秒差をつけた。3位はヨコハマドライバーズ選手権でトップの地元の英雄メフディ・ベナーニ。カンポス・レーシング・シボレーRMLクルーズTC1のウーゴ・バレンテが4位となり、マラケシュ初挑戦のシトロエンのマ・チンホワが5位だった。ホンダ・シビックでトップのチアゴ・モンテイロは6位。ロブ・ハフは12位で、ラーダ勢はこれが最速だった。

テスト走行は晴天の下で、26℃のドライコンディションで行われた。WTCCのスターたちは18日にフリー走行1回目に臨む。テスト走行の結果はこちらをクリック。

ニッキー・カツバーグが今週末、ベルギーのスパ・フランコルシャン24時間レースで連覇を目指す。

WTCC3連覇に向かっているシトロエンのホセ・マリア・ロペスが、メッシやファンジオ、ステーキ、忙しさ、そして8月5日から7日まで開催されるアルゼンチンラウンドでの勝利について語った。

WTCCアルゼンチンラウンドに向け、ラーダ・スポーツ・ロスネフチがギアを入れている。今月、スペインで3日間のテストを行った。

4月のWTCCハンガリーラウンドでは、オープニングレースでメフディ・ベナーニが2度目の勝利を手にした。また、トム・チルトンが10位スタートから見事な追い上げを見せ、セバスティアン・ローブ・レーシングがワンツーフィニッシュを果たしている。

9月2日から4日まで開催されるWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍は、成功のためにベストを尽くすと語った。

ホンダがファクトリーマシンを1台増やすことになった。9月2日から4日に開催されるWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、日本人ドライバー道上龍が参戦することになったのだ。