Back

News

2016年の向上を目指すホンダ

2016年の向上を目指すホンダ

21/12/2015 08:00

カストロール・ホンダ・ワールド・ツーリング・カーチームのトップは、チームが来季のWTCCでさらに成功に向かうことを望んでいる。

2015年はチアゴ・モンテイロが2勝したが、契約を更新しないことになったガブリエル・タルキーニは勝利なしでシーズンを終えた。どちらのドライバーも、ポールポジションを取ることはなかった。

先月のカタールでの最終ラウンドを終え、開発プロジェクトリーダーの堀内大資氏は、「来年は全体的なパフォーマンスを向上させるために、我々がもっと努力しなければいけない」と述べる。

チーム代表のアレッサンドロ・マリアーニも、「来年のことを考え、より強くなって戻ってこなければ」と述べた。

ホンダは先週、来季のWTCCでタルキーニがファクトリードライバーのラインナップに加わらず、イタリア人ドライバーに代わる新ドライバーを加えると発表している。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。

WTCCアルゼンチンラウンドのオープニングレースは、セバスティアン・ローブ・レーシングのトム・チルトンが初勝利を収めた。地元出身のホセ・マリア・ロペスは、18位スタートから5位フィニッシュしている。