Back

News

2016年のWTCC:オープニングレースとメインレースの導入

2016年のWTCC:オープニングレースとメインレースの導入

02/12/2015 21:20

レースが2つあることは変わらないが、その構造は来シーズンから変更となる。

「レース1」「レース2」というものはなくなり、代わりに「オープニングレース」と「メインレース」になる。オープニングレースのグリッドは、Q2の結果で決定。トップ10を逆に並べる形となる。

メインレースのグリッドは、予選での順位と、5名のドライバーが争うQ3のシュートアウトで決まるDHLポールポジション・アワードを組み合わせた結果で決まる。

メインレースの重要性を高めるために、メインレースで1ラップ多く走ることとなる。両レースとも3ラップずつのニュルブルクリンク・ノルトシュライフェ以外の会場は除く。

WTCCのプロモーターである『ユーロスポーツ・イベンツ』のフランソワ・リベイロは、「レース1とレース2のコンセプト、ポールポジションを獲得したレーサーが週末最後のレースで先頭からスタートしないことについて、ファンやメディア、ゲストに説明するのは簡単ではなかった。FIAやマニュファクチャラー、チーム、ドライバーとともに、我々はレース形式をシンプルにすることを決めたのだ。目的は、スペクタクル性を増し、週末についての説明をもっと簡単にすることだ。同時に、レバースグリッドという形式を維持することも非常に重要だった。それがオープニングレースで採用となる」と述べた。

2016年のWTCCも数多くのドラマと興奮があった。みなさんのWTCCの知識をこちらのクイズでチェック!

12月25日に37歳の誕生日を迎えたロブ・ハフ。2012年の王者であるイギリス人ドライバーのWTCCでのキャリアを数字で振り返る。

...

24/12/2016 06:00 - 2016

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

エステバン・ゲリエリが今季のWTCCに出場したのは一度だけかもしれない。だが、地元アルゼンチンで開催された8月のWTCCで、彼は大きなインパクトを残した。

トム・チルトンは2017年、モータースポーツの歴史をつくることを目指す。初めてWTCCとBTCCを同時に戦うドライバーとなるのだ。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のベストオーバーテイクを選出した。