Back

News

2016年のWTCC:欧州以外のラウンドでは日程短縮

2016年のWTCC:欧州以外のラウンドでは日程短縮

02/12/2015 21:05

進行中のコスト削減努力の一環として、ヨーロッパ以外で開催されるWTCCのイベントは、現在の3日間から2日間での開催となる。

週末の初日に2回のフリー走行を行い、2日目に予選と2度のレースという形となる。

伝統的な30分間のテスト走行は、ヨーロッパのラウンドだけで行われる。ただし、セーフティカーの後ろでの試運転やシステムチェックはすべてのラウンドで行われる。

2016年シーズンのWTCCでは、欧州以外で6ラウンドが開催される予定。

2016年のWTCCも数多くのドラマと興奮があった。みなさんのWTCCの知識をこちらのクイズでチェック!

12月25日に37歳の誕生日を迎えたロブ・ハフ。2012年の王者であるイギリス人ドライバーのWTCCでのキャリアを数字で振り返る。

...

24/12/2016 06:00 - 2016

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

エステバン・ゲリエリが今季のWTCCに出場したのは一度だけかもしれない。だが、地元アルゼンチンで開催された8月のWTCCで、彼は大きなインパクトを残した。

トム・チルトンは2017年、モータースポーツの歴史をつくることを目指す。初めてWTCCとBTCCを同時に戦うドライバーとなるのだ。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のベストオーバーテイクを選出した。