Back

News

2016年のWTCC:欧州以外のラウンドでは日程短縮

2016年のWTCC:欧州以外のラウンドでは日程短縮

02/12/2015 21:05

進行中のコスト削減努力の一環として、ヨーロッパ以外で開催されるWTCCのイベントは、現在の3日間から2日間での開催となる。

週末の初日に2回のフリー走行を行い、2日目に予選と2度のレースという形となる。

伝統的な30分間のテスト走行は、ヨーロッパのラウンドだけで行われる。ただし、セーフティカーの後ろでの試運転やシステムチェックはすべてのラウンドで行われる。

2016年シーズンのWTCCでは、欧州以外で6ラウンドが開催される予定。

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。