Back

News

2016年もWTCCで戦いたいコロネル

2016年もWTCCで戦いたいコロネル

11/12/2015 08:00

トム・コロネルは2016年のWTCCでも戦い続けることを望んでいる。来季、彼は250戦目を迎えるのだ。

ROALモータースポーツのシボレーRMLクルーズTC1をドライブしたコロネルは、2015年のドライバーズ選手権で13位、ヨコハマ・ドライバーズ選手権で6位となった。

コロネルは「2016年のポジションを手に入れられるかどうかは自分次第だ」と述べた。「僕はまたWTCCで戦いたい。僕は真のWTCCドライバーだからだ。今季は僕のベストシーズンではなかった。でも、コンスタントにトップ10入りしている。ただ、もっとうまくやることができるはずだ。それは分かっているし、それを証明しなければいけない。シーズン前は表彰台に2、3回立ちたいと思っていた。でも、ハンガリーで2位となった1回だけだった」。

ポールスター・シアン・レーシングのボルボS60ポールスターTC1が、ウェイトなしで8月5日から7日まで開催されるアルゼンチンラウンドに臨むこととなった。

ニッキー・カツバーグが今週末、ベルギーのスパ・フランコルシャン24時間レースで連覇を目指す。

WTCC3連覇に向かっているシトロエンのホセ・マリア・ロペスが、メッシやファンジオ、ステーキ、忙しさ、そして8月5日から7日まで開催されるアルゼンチンラウンドでの勝利について語った。

WTCCアルゼンチンラウンドに向け、ラーダ・スポーツ・ロスネフチがギアを入れている。今月、スペインで3日間のテストを行った。

4月のWTCCハンガリーラウンドでは、オープニングレースでメフディ・ベナーニが2度目の勝利を手にした。また、トム・チルトンが10位スタートから見事な追い上げを見せ、セバスティアン・ローブ・レーシングがワンツーフィニッシュを果たしている。

9月2日から4日まで開催されるWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍は、成功のためにベストを尽くすと語った。