Back

News

2016年もWTCCで戦いたいコロネル

2016年もWTCCで戦いたいコロネル

11/12/2015 08:00

トム・コロネルは2016年のWTCCでも戦い続けることを望んでいる。来季、彼は250戦目を迎えるのだ。

ROALモータースポーツのシボレーRMLクルーズTC1をドライブしたコロネルは、2015年のドライバーズ選手権で13位、ヨコハマ・ドライバーズ選手権で6位となった。

コロネルは「2016年のポジションを手に入れられるかどうかは自分次第だ」と述べた。「僕はまたWTCCで戦いたい。僕は真のWTCCドライバーだからだ。今季は僕のベストシーズンではなかった。でも、コンスタントにトップ10入りしている。ただ、もっとうまくやることができるはずだ。それは分かっているし、それを証明しなければいけない。シーズン前は表彰台に2、3回立ちたいと思っていた。でも、ハンガリーで2位となった1回だけだった」。

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。