Back

News

モンテイロとクラッシュのファン・ラーゲン、握手をかわしてわだかまりはなし

モンテイロとクラッシュのファン・ラーゲン、握手をかわしてわだかまりはなし

15/07/2015 16:00

OSCARO.com WTCCポルトガルラウンドのレース2で、スタートにチアゴ・モンテイロとクラッシュし、ともにリタイヤしたヤープ・ファン・ラーゲンは、レース後に互いに握手しており、わだかまりはないと明かした。

ヴィラ・レアルのストリートサーキットでのレース2で、ファン・ラーゲンのラーダとモンテイロのホンダは激しくクラッシュ。ファン・ラーゲンはリバースグリッドで3位スタートだったが、表彰台に立つ希望はすぐに消え去ってしまった。

ファン・ラーゲンは「本当に気分が悪かった。3位スタートは僕らのチームにとって本当に良いスタートだったからね」と語った。「僕らのチームは週末を通じて本当に良い仕事をしていたんだ。でも、スタートで大きなサプライズがあったんだよ。チアゴとのアクシデントで表彰台に立つチャンスはなくなってしまった。でも、狭いストリートサーキットだし、こういうことはあり得るんだ。後でチアゴとは握手をかわしたよ。それぞれリタイヤすることなって、2人にとって残念なことだったんだ」。

一方、5位スタートだったモンテイロは、「あそこを抜ければ、表彰台の可能性があると思っていた。それができれば、素晴らしい週末の締めくくりとなっていたんだ。週末を通じて素晴らしいサポートをしてくれたみんなにお礼ができたはずだった。すべてOKだけど、とても、とても悔しいね」と述べている。

4月のWTCCハンガリーラウンドでは、オープニングレースでメフディ・ベナーニが2度目の勝利を手にした。また、トム・チルトンが10位スタートから見事な追い上げを見せ、セバスティアン・ローブ・レーシングがワンツーフィニッシュを果たしている。

9月2日から4日まで開催されるWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍は、成功のためにベストを尽くすと語った。

ホンダがファクトリーマシンを1台増やすことになった。9月2日から4日に開催されるWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、日本人ドライバー道上龍が参戦することになったのだ。

来月、WTCCにデビューするエステバン・ゲリエリ。2連覇中の王者ホセ・マリア・ロペスに続くドライバーにまつわる注目の10ポイントを紹介する。

エステバン・ゲリエリが来月のWTCCアルゼンチンラウンドで、王者ホセ・マリア・ロペスとともに地元のトラックを走ることとなった。

ドライビングで語るホセ・マリア・ロペスだが、今月のブエノスアイレス200キロではステアリングをマイクに持ち替えることになった。