Back

News

モンテイロとクラッシュのファン・ラーゲン、握手をかわしてわだかまりはなし

モンテイロとクラッシュのファン・ラーゲン、握手をかわしてわだかまりはなし

15/07/2015 16:00

OSCARO.com WTCCポルトガルラウンドのレース2で、スタートにチアゴ・モンテイロとクラッシュし、ともにリタイヤしたヤープ・ファン・ラーゲンは、レース後に互いに握手しており、わだかまりはないと明かした。

ヴィラ・レアルのストリートサーキットでのレース2で、ファン・ラーゲンのラーダとモンテイロのホンダは激しくクラッシュ。ファン・ラーゲンはリバースグリッドで3位スタートだったが、表彰台に立つ希望はすぐに消え去ってしまった。

ファン・ラーゲンは「本当に気分が悪かった。3位スタートは僕らのチームにとって本当に良いスタートだったからね」と語った。「僕らのチームは週末を通じて本当に良い仕事をしていたんだ。でも、スタートで大きなサプライズがあったんだよ。チアゴとのアクシデントで表彰台に立つチャンスはなくなってしまった。でも、狭いストリートサーキットだし、こういうことはあり得るんだ。後でチアゴとは握手をかわしたよ。それぞれリタイヤすることなって、2人にとって残念なことだったんだ」。

一方、5位スタートだったモンテイロは、「あそこを抜ければ、表彰台の可能性があると思っていた。それができれば、素晴らしい週末の締めくくりとなっていたんだ。週末を通じて素晴らしいサポートをしてくれたみんなにお礼ができたはずだった。すべてOKだけど、とても、とても悔しいね」と述べている。

...

03/12/2016 14:19 - 2016

2日にFIA授賞式でWTCCでの3連覇を正式に表彰された翌日、ホセ・マリア・ロペスはニュルブルクリンク・ノルトシュライフェ・ベストドライバー・トロフィーを受賞した。ロペスは今季、伝説のトラックで2連勝を飾っている。

2日にウィーンで開催されたFIA表彰式で、WTCCのトップドライバー3名が表彰された。シトロエンはマニュファクチャラーズ選手権優勝を表彰されている。

WTCCで3連覇を成し遂げたホセ・マリア・ロペスは、ウィーンでのFIAの授賞式を心待ちにしている。

先週のWTCC DHLカタールラウンドでメインレースを制したメフディ・ベナーニは、全力で臨んだことが勝利につながったと信じている。

WTCCのプロモーターであるユーロスポーツ・イベンツのフランソワ・リベイロ代表は、来季のタイトル争いはオープンになると述べた。

WTCCに戻ってきた今季の最終戦となった先週のカタールラウンドで、ジェームス・トンプソンはWTCCトロフィーの表彰台を手にした。