Back

News

ホンダ、週末の勝利にチームのボスも抱擁

ホンダ、週末の勝利にチームのボスも抱擁

04/05/2015 10:32

アレッサンドロ・マリアーニ氏は、アップグレードしたホンダ・シビックWTCCの素晴らしいデビューを称賛した。ハンガロリンクで2人のドライバーが見事なパフォーマンスを見せたからだ。

マリアーニ氏は、カストロール・ホンダ・ワールド・ツーリング・カーチームのテクニカルパートナーであるJASモータースポーツのマネジング・ディレクターを務めている。JASモータースポーツはシビックを改良し、MOLグループWTCCハンガリーラウンドでは、地元の英雄ノルベルト・ミケリスが勝利を収めた。マリアーニ氏は喜びを表している。

マリアーニ氏は「とても、とてもうれしい」と語った。「シーズンの最初から私は冬の改良に自信を持っていた。だが、ここまではポテンシャルを見せていなかったんだ。昨日はウェットなコンディションの中で、ドライバーたちがとても自信をもってドライブしていた。ただ、予選ではセットアップでミスをしてしまったがね。それでも、今日は問題を解決できた」。

「レース1ではグループの中で難しいレースとなったが、レース2では明らかに真のポテンシャルを見せることができた。ノルビとガブリエル(・タルキーニ)のラップタイムは素晴らしかったよ。ノルビとチアゴ(・モンテイロ)は素晴らしい走りを見せた。ノルビとゼングー(・モータースポーツ)のことは非常にうれしい。我々は一緒に仕事をし、データと経験を共有しているんだ」。

「私は本当に満足している。この成功を可能にしてくれた全員に感謝したいと思っているよ。開幕からかなりのプレッシャーがあった。この結果で我々は力強く戦い続けることができ、さらなる結果を出すために仕事を続けられる。私は勝利が好きなんだ。今日のノルビのように勝つことができれば、大きな満足だよ」。

ホンダR&DのWTCC開発プロジェクトリーダーである堀内大資氏は、「素晴らしい勝利だった。ノルビとゼングー・モータースポーツを祝福したい。今日の我々の3台は素晴らしかった。我々はどの相手とも競えることを証明している。今日はエンジンがとてもよく機能した。シャシーもね。マシンはとても安定している。新しい空力の恩恵を見ることができているね。期待できるよ」と述べた。

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。