Back

News

ラーダ、初の快挙もクラッシュにより今後の仕事がよりハードに

ラーダ、初の快挙もクラッシュにより今後の仕事がよりハードに

13/07/2015 12:00

12日にヴィラ・レアルで開催されたポルトガルラウンドで、ラーダ・スポーツ・ロスネフチはヤープ・ファン・ラーゲン、ニッキー・カツバーグ、ロブ・ハフの3台のベスタTC1がトップ10入りを果たした。今季初めてのことだ。

ラーダの好調ぶりがOSCARO.com WTCCポルトガルラウンドでもさらに証明された形だ。だが、カツバーグとファン・ラーゲンのベスタはレース2でそれぞれ損傷を受けた。これにより、日本や中国で開催される今後のラウンドに向けた準備、夏のテストの計画は、難しいものとなっている。

チーム代表のビクター・シャポバロフ氏は、「マシンは1週間で日本に向けて出発するから、何をする必要があるかをすぐに見極めなければいけない。我々はいくつかのテストを予定していた。それを見直す必要があるだろう。だが、全体としては良い感じできていることを喜んでいる」と語った。

16戦を終え、ラーダはWTCCの3位につけている。

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。