Back

News

ラーダ、初の快挙もクラッシュにより今後の仕事がよりハードに

ラーダ、初の快挙もクラッシュにより今後の仕事がよりハードに

13/07/2015 12:00

12日にヴィラ・レアルで開催されたポルトガルラウンドで、ラーダ・スポーツ・ロスネフチはヤープ・ファン・ラーゲン、ニッキー・カツバーグ、ロブ・ハフの3台のベスタTC1がトップ10入りを果たした。今季初めてのことだ。

ラーダの好調ぶりがOSCARO.com WTCCポルトガルラウンドでもさらに証明された形だ。だが、カツバーグとファン・ラーゲンのベスタはレース2でそれぞれ損傷を受けた。これにより、日本や中国で開催される今後のラウンドに向けた準備、夏のテストの計画は、難しいものとなっている。

チーム代表のビクター・シャポバロフ氏は、「マシンは1週間で日本に向けて出発するから、何をする必要があるかをすぐに見極めなければいけない。我々はいくつかのテストを予定していた。それを見直す必要があるだろう。だが、全体としては良い感じできていることを喜んでいる」と語った。

16戦を終え、ラーダはWTCCの3位につけている。

FIA世界ラリークロスの王者マティアス・エクストロームは、2017年にWTCCが「ジョーカーラップ」を導入することに賛成している。

トム・チルトンが2017年のWTCCで目指すのは栄光のタイトルだ。セバスティアン・ローブ・レーシングとシトロエンCエリーゼWTCCで、イギリス人ドライバーとして3人目となる世界王者になることができると信じている。

イヴァン・ミュラーは、WTCCにマカオとモンツァが戻ってきたことを支持している。

ポールスター・シアン・レーシングは、最高の形で2016年のWTCCを終えた。テッド・ビョルクがボルボS60ポーツスターTC1で2レース連続表彰台を勝ち取り、ドライバーズ選手権で10位フィニッシュしたのだ。

...

03/12/2016 14:19 - 2016

2日にFIA授賞式でWTCCでの3連覇を正式に表彰された翌日、ホセ・マリア・ロペスはニュルブルクリンク・ノルトシュライフェ・ベストドライバー・トロフィーを受賞した。ロペスは今季、伝説のトラックで2連勝を飾っている。

2日にウィーンで開催されたFIA表彰式で、WTCCのトップドライバー3名が表彰された。シトロエンはマニュファクチャラーズ選手権優勝を表彰されている。