Back

News

ペナルティーでスターティンググリッドに変更

ペナルティーでスターティンググリッドに変更

18/04/2015 21:50

WTCCモロッコラウンドでは、複数のドライバーがペナルティーを受け、予選での順位と異なるグリッドからスタートすることになった。

ペナルティーは先月のアルゼンチンラウンドでの規定違反や、マラケシュでの今週末のラウンド前のエンジン変更に関するもの。

シボレーRMLクルーズTC1のエンジンをアップグレードし、ペナルティーを科されたトム・チルトンは、「ペナルティーはまったく構わない。同じことをすれば、みんなにとって同じことだからね」と述べている。

チルトン同様、ウーゴ・バレンテもシボレーのエンジンを変更。予選でキャリアハイとなる4位に入ったバレンテだが、冷静を保っている。「シーズン中にペナルティーを受けなければいけないから、次の2レースで受けるより、今の方が良かったかもしれない。ペナルティー分を挽回するとは言わないけど、レースではいろいろなことがあるからね」。

各ペナルティーの詳細は以下のとおり。

トム・チルトン: エンジン変更により、13位スタートに。
グレゴワール・ドゥムースティエ: エンジン変更により、17位スタートに。
ジョン・フィリッピ: アルゼンチンラウンドでジェームス・トンプソンと衝突したため、順位5つ分のペナルティー。18位スタートに。
ロブ・ハフ: エンジン変更により、15位スタートに。
イヴァン・ミュラー: アルゼンチンラウンドでメフディ・ベナーニと衝突したため、順位5つ分のペナルティー。11位スタートに。
ジェームス・トンプソン: エンジン変更により、16位スタートに。
ウーゴ・バレンテ: エンジン変更により、13位スタートに。

ポールスター・シアン・レーシングのボルボS60ポールスターTC1が、ウェイトなしで8月5日から7日まで開催されるアルゼンチンラウンドに臨むこととなった。

ニッキー・カツバーグが今週末、ベルギーのスパ・フランコルシャン24時間レースで連覇を目指す。

WTCC3連覇に向かっているシトロエンのホセ・マリア・ロペスが、メッシやファンジオ、ステーキ、忙しさ、そして8月5日から7日まで開催されるアルゼンチンラウンドでの勝利について語った。

WTCCアルゼンチンラウンドに向け、ラーダ・スポーツ・ロスネフチがギアを入れている。今月、スペインで3日間のテストを行った。

4月のWTCCハンガリーラウンドでは、オープニングレースでメフディ・ベナーニが2度目の勝利を手にした。また、トム・チルトンが10位スタートから見事な追い上げを見せ、セバスティアン・ローブ・レーシングがワンツーフィニッシュを果たしている。

9月2日から4日まで開催されるWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍は、成功のためにベストを尽くすと語った。