Back

News

ペナルティーでスターティンググリッドに変更

ペナルティーでスターティンググリッドに変更

18/04/2015 21:50

WTCCモロッコラウンドでは、複数のドライバーがペナルティーを受け、予選での順位と異なるグリッドからスタートすることになった。

ペナルティーは先月のアルゼンチンラウンドでの規定違反や、マラケシュでの今週末のラウンド前のエンジン変更に関するもの。

シボレーRMLクルーズTC1のエンジンをアップグレードし、ペナルティーを科されたトム・チルトンは、「ペナルティーはまったく構わない。同じことをすれば、みんなにとって同じことだからね」と述べている。

チルトン同様、ウーゴ・バレンテもシボレーのエンジンを変更。予選でキャリアハイとなる4位に入ったバレンテだが、冷静を保っている。「シーズン中にペナルティーを受けなければいけないから、次の2レースで受けるより、今の方が良かったかもしれない。ペナルティー分を挽回するとは言わないけど、レースではいろいろなことがあるからね」。

各ペナルティーの詳細は以下のとおり。

トム・チルトン: エンジン変更により、13位スタートに。
グレゴワール・ドゥムースティエ: エンジン変更により、17位スタートに。
ジョン・フィリッピ: アルゼンチンラウンドでジェームス・トンプソンと衝突したため、順位5つ分のペナルティー。18位スタートに。
ロブ・ハフ: エンジン変更により、15位スタートに。
イヴァン・ミュラー: アルゼンチンラウンドでメフディ・ベナーニと衝突したため、順位5つ分のペナルティー。11位スタートに。
ジェームス・トンプソン: エンジン変更により、16位スタートに。
ウーゴ・バレンテ: エンジン変更により、13位スタートに。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで行われたWTCCドイツラウンドのフリー走行1回目は、ホセ・マリア・ロペスがトップに立った。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで行われたWTCCドイツラウンドのテスト走行は、シトロエンのチームメートであるホセ・マリア・ロペスを抑えてイヴァン・ミュラーが最速だった。

チアゴ・モンテイロは今週WTCCドイツラウンドが開催されるニュルブルクリンク・ノルトシュライフェのことを、「世界で最も学ぶのが難しいトラック」と称した。

ホンダのファクトリードライバーであるノルベルト・ミケリスは、チームがシトロエンとシーズンを通じて激しいバトルを繰り広げるだろうと予想している。

8位スタートから2勝を挙げ、モロッコラウンドのメインレースでポールポジションから勝利を収めたロブ・ハフだが、自身2度目となるドライバーズ選手権制覇については慎重な姿勢だ。

今月末にニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで開催されるMAC3に向け、ホンダはいろいろな戦略を考慮している。