Back

News

ペナルティーでスターティンググリッドに変更

ペナルティーでスターティンググリッドに変更

18/04/2015 21:50

WTCCモロッコラウンドでは、複数のドライバーがペナルティーを受け、予選での順位と異なるグリッドからスタートすることになった。

ペナルティーは先月のアルゼンチンラウンドでの規定違反や、マラケシュでの今週末のラウンド前のエンジン変更に関するもの。

シボレーRMLクルーズTC1のエンジンをアップグレードし、ペナルティーを科されたトム・チルトンは、「ペナルティーはまったく構わない。同じことをすれば、みんなにとって同じことだからね」と述べている。

チルトン同様、ウーゴ・バレンテもシボレーのエンジンを変更。予選でキャリアハイとなる4位に入ったバレンテだが、冷静を保っている。「シーズン中にペナルティーを受けなければいけないから、次の2レースで受けるより、今の方が良かったかもしれない。ペナルティー分を挽回するとは言わないけど、レースではいろいろなことがあるからね」。

各ペナルティーの詳細は以下のとおり。

トム・チルトン: エンジン変更により、13位スタートに。
グレゴワール・ドゥムースティエ: エンジン変更により、17位スタートに。
ジョン・フィリッピ: アルゼンチンラウンドでジェームス・トンプソンと衝突したため、順位5つ分のペナルティー。18位スタートに。
ロブ・ハフ: エンジン変更により、15位スタートに。
イヴァン・ミュラー: アルゼンチンラウンドでメフディ・ベナーニと衝突したため、順位5つ分のペナルティー。11位スタートに。
ジェームス・トンプソン: エンジン変更により、16位スタートに。
ウーゴ・バレンテ: エンジン変更により、13位スタートに。

WTCC中国ラウンドのオープニングレースを制し、テッド・ビョルクは“優勝経験ドライバー”の一人となっている。

ホセ・マリア・ロペスにとって、今週末のWTCCは再び夢のような結果となった。中国ラウンドのメインレースを制したロペスは、今季5度目となるTAG Heuer Best Lap Trophyも受賞している。

...

25/09/2016 10:51 - 2016

WTCC中国ラウンドのメインレースは、ホセ・マリア・ロペスが勝利した。シトロエン勢が1・2・3フィニッシュしたことで、WTCCトロフィーではメフディ・ベナーニが暫定で優勝を決めている。(*)

WTCC中国ラウンドのオープニングレースは、ポールスター・シアン・レーシングでボルボをドライブするテッド・ビョルクが初勝利を挙げた。最後から2つ目のコーナーでノルベルト・ミケリスを抜いている。

上海国際サーキットでのWTCC中国ラウンドの予選で苦しんだチアゴ・モンテイロは、レースも厳しい戦いになると予想している。

ホンダが2017年もWTCCに参戦することを決定した。シビックで新たな栄光を目指す。