Back

News

ペナルティーでスターティンググリッドに変更

ペナルティーでスターティンググリッドに変更

18/04/2015 21:50

WTCCモロッコラウンドでは、複数のドライバーがペナルティーを受け、予選での順位と異なるグリッドからスタートすることになった。

ペナルティーは先月のアルゼンチンラウンドでの規定違反や、マラケシュでの今週末のラウンド前のエンジン変更に関するもの。

シボレーRMLクルーズTC1のエンジンをアップグレードし、ペナルティーを科されたトム・チルトンは、「ペナルティーはまったく構わない。同じことをすれば、みんなにとって同じことだからね」と述べている。

チルトン同様、ウーゴ・バレンテもシボレーのエンジンを変更。予選でキャリアハイとなる4位に入ったバレンテだが、冷静を保っている。「シーズン中にペナルティーを受けなければいけないから、次の2レースで受けるより、今の方が良かったかもしれない。ペナルティー分を挽回するとは言わないけど、レースではいろいろなことがあるからね」。

各ペナルティーの詳細は以下のとおり。

トム・チルトン: エンジン変更により、13位スタートに。
グレゴワール・ドゥムースティエ: エンジン変更により、17位スタートに。
ジョン・フィリッピ: アルゼンチンラウンドでジェームス・トンプソンと衝突したため、順位5つ分のペナルティー。18位スタートに。
ロブ・ハフ: エンジン変更により、15位スタートに。
イヴァン・ミュラー: アルゼンチンラウンドでメフディ・ベナーニと衝突したため、順位5つ分のペナルティー。11位スタートに。
ジェームス・トンプソン: エンジン変更により、16位スタートに。
ウーゴ・バレンテ: エンジン変更により、13位スタートに。

2016年のWTCCも数多くのドラマと興奮があった。みなさんのWTCCの知識をこちらのクイズでチェック!

12月25日に37歳の誕生日を迎えたロブ・ハフ。2012年の王者であるイギリス人ドライバーのWTCCでのキャリアを数字で振り返る。

...

24/12/2016 06:00 - 2016

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

エステバン・ゲリエリが今季のWTCCに出場したのは一度だけかもしれない。だが、地元アルゼンチンで開催された8月のWTCCで、彼は大きなインパクトを残した。

トム・チルトンは2017年、モータースポーツの歴史をつくることを目指す。初めてWTCCとBTCCを同時に戦うドライバーとなるのだ。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のベストオーバーテイクを選出した。