Back

News

ポルトガルラウンド、テストセッションはロペスがリード

ポルトガルラウンド、テストセッションはロペスがリード

10/07/2015 14:52

第15戦と第16戦に向けたテストセッションでは、W

第15戦と第16戦に向けたテストセッションでは、WTCC現王者のホセ・マリア・ロペスが最速タイムを出した。

ヴィラ・レアルで10日朝に行われたテストセッションで最も速かったのは、現在王者のロペスだ。ヴィラ・レアルでモーターレースのFIA世界選手権で開催されるのは初めてのこと。17名のライバルを破り、全長4.755キロのストリートサーキットを制したロペスは、歴史に名を残すことになった。

シトロエンCエリーゼWTCCをドライブするロペスは、2分01秒455のベストタイムを出し、ホンダ・シビックWTCCのノルベルト・ミケリスを0.814秒差で上回った。ミケリスはヨコハマ・ドライバーズ選手権の中で最速。ロペスとタイトルを争うイヴァン・ミュラーが3位、セバスティアン・ローブが4位、メフディ・ベナーニが5位に入っている。

6位はホンダのガブリエル・タルキーニ。シボレーのウーゴ・バレンテが7位、地元ポルトガル出身のチアゴ・モンテイロが8位、ネストール・ジロラミが9位、中国のマ・チンホワが10位だった。

11位はトム・コロネル。ラーダのヤープ・ファン・ラーゲンが12位、チームメートのロブ・ハフとニッキー・カツバーグが続き、以下はステファノ・ダステ、トム・チルトン、ジョン・フィリッピ、グレゴワール・ドゥムースティエとなっている。

30分間のテストセッションは、WTCCの各チームやドライバーにとって、ヴィラ・レアルでの初経験となった。11日はフリー走行から始まる。テストセッションの順位表はこちら

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのMAC3は、シトロエンが接戦を制した。

...

25/06/2016 16:42 - 2016

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのオープニング・レースは、トム・コロネルがポールポジションスタートとなった。

チアゴ・モンテイロが地元ヴィラ・レアルで6年ぶりにポールポジションを獲得した。

ヴィラ・レアルで行われたWTCCポルトガルラウンドのフリー走行2回目は、ホセ・マリア・ロペスが制してホンダの独壇場に終止符を打った。

WTCCポルトガルラウンド最初のフリー走行は、ホンダのファクトリードライバーたちがトップ3を独占した。

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのテスト走行は、ホンダのエース、ノルベルト・ミケリスが最速タイムを出した。