Back

News

WTCC王者ミュラー、また新たな異なる挑戦

WTCC王者ミュラー、また新たな異なる挑戦

25/07/2015 12:00

彼はWTCCで4度王者となり、過去にアイスレースのアンドロス・トロフィーも支配したことがある。45歳となった今、彼は9月初旬に母国フランスで初めて、FIA世界ラリークロス選手権に挑戦することとなった。

現在、WTCCドライバーズ選手権で2位につけているシトロエンのヴァイン・ミュラーは、9月4日から6日までフランスのロエアックで開催される世界ラリークロス選手権に出場することになった。同胞のジェローム・グロセ=ジャナンとともに、アルバテック・レーシングでプジョー208RXスーパーカーをドライブする。

ミュラーは「ずっとラリークロスをやってみたかったんだ。4、5年前から考えていたんだよ。だが、良いチャンスがなかったり、タイミングが合わなかったんだ」と語った。「ロエアックはフランスで非常によく知られているし、適切なタイミングだと思う。すごくうれしいよ」。

ミュラーはOSCARO.com WTCCポルトガルラウンドの前に、ファルイラ・サーキットでアルバテック・プジョーを試している。「良いテストだった。非常に良かったよ。初経験だったから学んだよ。ラリークロスがどんなものかを目にしてきた」。

一方で、ミュラーは9月11日から13日までツインリンクもてぎでJVC KENWOOD WTCC日本ラウンドに臨む。

Redbull.comでのユーザー投票によるストリートサーキットのベスト10で、WTCCも開催されたマカオやパウ、ヴィラ・レアルが選出された。ヴィラ・レアルはトップに選ばれている。

来季のWTCC開幕まで4カ月。4月9日にマラケシュで開催されるWTCCモロッコラウンドで期待できることはなんだろうか。

写真はFIA授賞式でシトロエン・レーシングのイヴス・マットン代表、WTCC王者ホセ・マリア・ロペス、2位イヴァン・ミュラーと一緒のモンテイロ。

FIA世界ラリークロスの王者マティアス・エクストロームは、2017年にWTCCが「ジョーカーラップ」を導入することに賛成している。

トム・チルトンが2017年のWTCCで目指すのは栄光のタイトルだ。セバスティアン・ローブ・レーシングとシトロエンCエリーゼWTCCで、イギリス人ドライバーとして3人目となる世界王者になることができると信じている。

イヴァン・ミュラーは、WTCCにマカオとモンツァが戻ってきたことを支持している。