Back

News

WTCC王者ミュラー、また新たな異なる挑戦

WTCC王者ミュラー、また新たな異なる挑戦

25/07/2015 12:00

彼はWTCCで4度王者となり、過去にアイスレースのアンドロス・トロフィーも支配したことがある。45歳となった今、彼は9月初旬に母国フランスで初めて、FIA世界ラリークロス選手権に挑戦することとなった。

現在、WTCCドライバーズ選手権で2位につけているシトロエンのヴァイン・ミュラーは、9月4日から6日までフランスのロエアックで開催される世界ラリークロス選手権に出場することになった。同胞のジェローム・グロセ=ジャナンとともに、アルバテック・レーシングでプジョー208RXスーパーカーをドライブする。

ミュラーは「ずっとラリークロスをやってみたかったんだ。4、5年前から考えていたんだよ。だが、良いチャンスがなかったり、タイミングが合わなかったんだ」と語った。「ロエアックはフランスで非常によく知られているし、適切なタイミングだと思う。すごくうれしいよ」。

ミュラーはOSCARO.com WTCCポルトガルラウンドの前に、ファルイラ・サーキットでアルバテック・プジョーを試している。「良いテストだった。非常に良かったよ。初経験だったから学んだよ。ラリークロスがどんなものかを目にしてきた」。

一方で、ミュラーは9月11日から13日までツインリンクもてぎでJVC KENWOOD WTCC日本ラウンドに臨む。

シトロエン・レーシング代表のイヴス・マットンは、WTCC優勝4回のイヴァン・ミュラーが、ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでも不運に見舞われ続けたことに同情している。

ノルベルト・ミケリスは、ホンダのチームメートであるチアゴ・モンテイロの健康こそが、ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでの表彰台よりも大切だと述べた。

トム・チルトンがWTCCで2連覇中の王者ホセ・マリア・ロペスを称賛し、モータースポーツ界のレジェンドであるアイルトン・セナ氏と比較できると述べた。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでのメインレースは、ノルベルト・ミケリスとのバトルの末にホセ・マリア・ロペスが制し、ドイツラウンドで2連勝を飾った。

ファイナルラップでチアゴ・モンテイロとイヴァン・ミュラーがクラッシュするドラマティックな終わりを迎えたWTCCドイツラウンドのオープニングレースは、ホセ・マリア・ロペスの勝利に終わった。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでのMAC3は、ホンダがシトロエンを下した。