Back

News

WTCCでいまだ学んでいるベナーニ

WTCCでいまだ学んでいるベナーニ

06/06/2015 07:04

メフディ・ベナーニは、モスクワ・レースウェイのトラックをよく知っているものの、ロスネフチWTCCロシアラウンドは新たに学ぶための経験になると述べた。

セバスティアン・ローブ・レーシングで1年目のベナーニだけに、今季はWTCCの各ラウンドで、初めてシトロエンCエリーゼをドライブすることになる。

ベナーニは「サーキットのことは知っているけど、シトロエンCエリーゼで再発見しているところだ。一定の適応が必要となるし、それを軽んじてはいけない」と語った。「マシンのポテンシャルを最大限に生かしたいけど、そのためには週末で進化を遂げなければいけない。テストからレースが始まるまで、フリー走行や予選も含めて、僕らは100%の状態にもっていかなければいけないんだ」。

「僕らは野心的にならなければいけない。実際にそうなんだけど、さらに謙虚さも必要だ。僕は、素晴らしい結果を出すようになるまで、セバスティアン・ローブ・レーシングでの仕事がすべて報われるまで、そう長くはかからないと確信している。だけど、自分たちにプレッシャーをかけたくはないんだ! 『あの目標にあのタイムで達しなければいけない』とは考えたくないんだよ。それは非生産的だからね。僕らはもっと一般的なアプローチをしている。中長期的な計画を成就させるために、コンスタントに自分たちを向上させていきたいんだ」。

ベナーニは、WTCCドイツラウンドのヨコハマ・ドライバーズ選手権で勝利したことが自信につながったと述べており、ハンガリーラウンドも豊富な知識と経験をもたらしたと語った。

2日にウィーンで開催されたFIA表彰式で、WTCCのトップドライバー3名が表彰された。シトロエンはマニュファクチャラーズ選手権優勝を表彰されている。

WTCCで3連覇を成し遂げたホセ・マリア・ロペスは、ウィーンでのFIAの授賞式を心待ちにしている。

先週のWTCC DHLカタールラウンドでメインレースを制したメフディ・ベナーニは、全力で臨んだことが勝利につながったと信じている。

WTCCのプロモーターであるユーロスポーツ・イベンツのフランソワ・リベイロ代表は、来季のタイトル争いはオープンになると述べた。

WTCCに戻ってきた今季の最終戦となった先週のカタールラウンドで、ジェームス・トンプソンはWTCCトロフィーの表彰台を手にした。

WTCC DHLカタールラウンドで表彰台に立ったテッド・ビョルクだが、ポールスター・シアン・レーシングにとって最悪なタイミングだったのかもしれない。