Back

News

ロペス、ベストのスタートで選手権でのリードを広げる

ロペス、ベストのスタートで選手権でのリードを広げる

05/05/2015 22:58

ホセ・マリア・ロペスは、MOLグループWTCCハンガリーラウンドで、3番手スタートからトップに立ったことは、最高のスタートだったと話している。

ロペスはハンガロリンクでのレース1で見事なスタートを切り、第1コーナーでウーゴ・バレンテ、そしてシトロエンのチームメートであるイヴァン・ミュラーを抜き去った。そのままトップを保ち、逃げ切って今季3勝目を挙げたロペスは、選手権でのタイトル争いで、シトロエンのチームメートとのポイント差を33ポイントまで広げている。

王者ロペスは「WTCCでのこれまでで最高のスタートだったと思う」と語った。「僕はただいつもと同じようにやろうとしただけさ。僕らには進むべき道のりがある。それをうまく手にし、正しい道を選べるときもあるんだ。それがとても重要なことだった。イヴァンを倒すには、トラックのダーティーサイドにいたウーゴを抜こうとすることが重要だったんだよ」。

「この勝利は本当にうれしい。特に予選はあまり良くなかったからね。選手権でもかなりのポイントを手にすることができた。今回でセブ(セバスティアン・ローブ)との差を少し広げることができた。だから、すべてがポジティブだったね」。

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。