Back

News

ロペス、ベストのスタートで選手権でのリードを広げる

ロペス、ベストのスタートで選手権でのリードを広げる

05/05/2015 22:58

ホセ・マリア・ロペスは、MOLグループWTCCハンガリーラウンドで、3番手スタートからトップに立ったことは、最高のスタートだったと話している。

ロペスはハンガロリンクでのレース1で見事なスタートを切り、第1コーナーでウーゴ・バレンテ、そしてシトロエンのチームメートであるイヴァン・ミュラーを抜き去った。そのままトップを保ち、逃げ切って今季3勝目を挙げたロペスは、選手権でのタイトル争いで、シトロエンのチームメートとのポイント差を33ポイントまで広げている。

王者ロペスは「WTCCでのこれまでで最高のスタートだったと思う」と語った。「僕はただいつもと同じようにやろうとしただけさ。僕らには進むべき道のりがある。それをうまく手にし、正しい道を選べるときもあるんだ。それがとても重要なことだった。イヴァンを倒すには、トラックのダーティーサイドにいたウーゴを抜こうとすることが重要だったんだよ」。

「この勝利は本当にうれしい。特に予選はあまり良くなかったからね。選手権でもかなりのポイントを手にすることができた。今回でセブ(セバスティアン・ローブ)との差を少し広げることができた。だから、すべてがポジティブだったね」。

ポールスター・シアン・レーシングのボルボS60ポールスターTC1が、ウェイトなしで8月5日から7日まで開催されるアルゼンチンラウンドに臨むこととなった。

ニッキー・カツバーグが今週末、ベルギーのスパ・フランコルシャン24時間レースで連覇を目指す。

WTCC3連覇に向かっているシトロエンのホセ・マリア・ロペスが、メッシやファンジオ、ステーキ、忙しさ、そして8月5日から7日まで開催されるアルゼンチンラウンドでの勝利について語った。

WTCCアルゼンチンラウンドに向け、ラーダ・スポーツ・ロスネフチがギアを入れている。今月、スペインで3日間のテストを行った。

4月のWTCCハンガリーラウンドでは、オープニングレースでメフディ・ベナーニが2度目の勝利を手にした。また、トム・チルトンが10位スタートから見事な追い上げを見せ、セバスティアン・ローブ・レーシングがワンツーフィニッシュを果たしている。

9月2日から4日まで開催されるWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍は、成功のためにベストを尽くすと語った。