Back

News

ロペス、ベストのスタートで選手権でのリードを広げる

ロペス、ベストのスタートで選手権でのリードを広げる

05/05/2015 22:58

ホセ・マリア・ロペスは、MOLグループWTCCハンガリーラウンドで、3番手スタートからトップに立ったことは、最高のスタートだったと話している。

ロペスはハンガロリンクでのレース1で見事なスタートを切り、第1コーナーでウーゴ・バレンテ、そしてシトロエンのチームメートであるイヴァン・ミュラーを抜き去った。そのままトップを保ち、逃げ切って今季3勝目を挙げたロペスは、選手権でのタイトル争いで、シトロエンのチームメートとのポイント差を33ポイントまで広げている。

王者ロペスは「WTCCでのこれまでで最高のスタートだったと思う」と語った。「僕はただいつもと同じようにやろうとしただけさ。僕らには進むべき道のりがある。それをうまく手にし、正しい道を選べるときもあるんだ。それがとても重要なことだった。イヴァンを倒すには、トラックのダーティーサイドにいたウーゴを抜こうとすることが重要だったんだよ」。

「この勝利は本当にうれしい。特に予選はあまり良くなかったからね。選手権でもかなりのポイントを手にすることができた。今回でセブ(セバスティアン・ローブ)との差を少し広げることができた。だから、すべてがポジティブだったね」。

2016年のWTCCも数多くのドラマと興奮があった。みなさんのWTCCの知識をこちらのクイズでチェック!

12月25日に37歳の誕生日を迎えたロブ・ハフ。2012年の王者であるイギリス人ドライバーのWTCCでのキャリアを数字で振り返る。

...

24/12/2016 06:00 - 2016

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

エステバン・ゲリエリが今季のWTCCに出場したのは一度だけかもしれない。だが、地元アルゼンチンで開催された8月のWTCCで、彼は大きなインパクトを残した。

トム・チルトンは2017年、モータースポーツの歴史をつくることを目指す。初めてWTCCとBTCCを同時に戦うドライバーとなるのだ。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のベストオーバーテイクを選出した。