Back

News

カツバーグ、シーズン前半戦の「ベスト・クラッシュ」に

カツバーグ、シーズン前半戦の「ベスト・クラッシュ」に

02/09/2015 17:09

7月のヴィラ・レアルでのニッキー・カツバーグの激しいクラッシュが、WTCCの今季前半戦の「ベスト・クラッシュ」となった。

ラーダで戦うオランダ人ドライバーは、OSCARO.com WTCCポルトガルラウンドのレース2で、3位につけるなど、ポイントを獲得できる位置にいたが、アルムコのバリアに衝突。ロスネフチのベスタTC1は大きなダメージを受け、レースは中断となった。シトロエンのマ・チンホワが制している。

このとき、カツバーグは「ターンで少し早く入ってしまったんだと思う。それまでより10センチ早くね。目を閉じたよ。大きな衝撃になると分かったからだ。もちろん、良いことじゃないし、チームにとっては最悪だった。100%、僕のミスだ。僕自身は完璧に元気だ。少しショックを受けただけだよ」と述べている。

そのほか、ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでのマのクラッシュ、マラケシュでチームメートのロブ・ハフと衝突したミハイル・コズロフスキー、ドイツでのウーゴ・バレンテのクラッシュ、ポールリカールでのホセ・マリア・ロペスとチアゴ・モンテイロ、モスクワ・レースウェイでのカツバーグとガブリエル・タルキーニの衝突が“選出”されている。

「ベスト・クラッシュ」の映像は、こちらをクリック。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでのメインレースは、ノルベルト・ミケリスとのバトルの末にホセ・マリア・ロペスが制し、ドイツラウンドで2連勝を飾った。

ファイナルラップでチアゴ・モンテイロとイヴァン・ミュラーがクラッシュするドラマティックな終わりを迎えたWTCCドイツラウンドのオープニングレースは、ホセ・マリア・ロペスの勝利に終わった。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでのMAC3は、ホンダがシトロエンを下した。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでのメインレースは、見事なタイムを出したホセ・マリア・ロペスがポールポジションからスタートすることになった。

...

27/05/2016 08:00 - 2016

ホンダ・レーシング・チーム・JASとゼングー・モータースポーツの計4台が、WTCCハンガリーラウンドとモロッコラウンドの結果から除外されることになった。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで行われたWTCCドイツラウンドのフリー走行1回目は、ホセ・マリア・ロペスがトップに立った。