Back

News

WTCC再開を前に士気高揚のカツバーグ

WTCC再開を前に士気高揚のカツバーグ

09/09/2015 23:05

WTCCの第17戦と第18戦を前に、ニッキー・カツバーグにはポジティブになるだけの理由がある。

ツインリンクもてぎでの経験を持つ数少ないドライバーの一人であるカツバーグは、夏のテストを成功させてJVC KENWOOD WTCC日本ラウンドに臨む。

ラーダ・スポーツ・ロスネフチでドライブするカツバーグは、「僕は日本で一度ドライブしたことがある。もてぎだった。非常に良いレイアウトだよ」と述べた。「僕はトラックのことを知っている。待ち遠しいね。夏のテストは良かった。僕らはまだ仕事を続けなければいけないと思うけどね。ライバルたちもただ座っているわけじゃないことは分かっている。だから、僕らは向上し続けなければいけない。最後のレースから、マシンはかなり改善されたと確信している」。

2日にウィーンで開催されたFIA表彰式で、WTCCのトップドライバー3名が表彰された。シトロエンはマニュファクチャラーズ選手権優勝を表彰されている。

WTCCで3連覇を成し遂げたホセ・マリア・ロペスは、ウィーンでのFIAの授賞式を心待ちにしている。

先週のWTCC DHLカタールラウンドでメインレースを制したメフディ・ベナーニは、全力で臨んだことが勝利につながったと信じている。

WTCCのプロモーターであるユーロスポーツ・イベンツのフランソワ・リベイロ代表は、来季のタイトル争いはオープンになると述べた。

WTCCに戻ってきた今季の最終戦となった先週のカタールラウンドで、ジェームス・トンプソンはWTCCトロフィーの表彰台を手にした。

WTCC DHLカタールラウンドで表彰台に立ったテッド・ビョルクだが、ポールスター・シアン・レーシングにとって最悪なタイミングだったのかもしれない。