Back

News

チルトン、ヨコハマ・トロフィーで勝利

チルトン、ヨコハマ・トロフィーで勝利

08/06/2015 07:54

ロスネフチWTCCロシアラウンドで勝利を収めたトム・チルトンは、ヨコハマ・ドライバーズ選手権争いに戻ってきた。

ROALモータースポーツでシボレーRMLクルーズTC1をドライブするチルトンは、レース1でゼングー・モータースポーツのノルベルト・ミケリスがドライブするホンダ・シビックを上回った。ただし、ミケリスはレース2でヨコハマ・ドライバーズのトップに立っている。

この結果、ミケリスがチルトンに12ポイント差をつけ、来週のスロバキアラウンドに臨む。メフディ・ベナーニは3位となった。

チルトンとミケリスがそれぞれ勝利を祝った一方で、ベナーニにとってはストレスがたまる週末となった。レース1ではステファノ・ダステとのコンタクトで出遅れ、レース2ではリタイヤしている。

また、カンポス・レーシングはウーゴ・バレンテも両レースで上位3位位に入っている。トム・コロネル、ダステ、グレゴワール・ドゥムースティエもそれぞれのレースでポイントを獲得した。だが、ジョン・フィリッピは運に恵まれず、レース1でリタイヤし、レース2で最下位に終わっている。

先月のドイツラウンドのレース2でリタイヤしていたチルトンは、「レース1はかなりシンプルだった」と語った。「僕にとって主な目標だったのは、ミケリスを抑えることだった。僕らは争っているからね。できるだけのフィニッシュができたと思う」。

一方のミケリスは「今週末を終えてまだヨコハマ・トロフィーのトップに入られるのは満足だ」と述べている。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで行われたWTCCドイツラウンドのフリー走行1回目は、ホセ・マリア・ロペスがトップに立った。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで行われたWTCCドイツラウンドのテスト走行は、シトロエンのチームメートであるホセ・マリア・ロペスを抑えてイヴァン・ミュラーが最速だった。

チアゴ・モンテイロは今週WTCCドイツラウンドが開催されるニュルブルクリンク・ノルトシュライフェのことを、「世界で最も学ぶのが難しいトラック」と称した。

ホンダのファクトリードライバーであるノルベルト・ミケリスは、チームがシトロエンとシーズンを通じて激しいバトルを繰り広げるだろうと予想している。

8位スタートから2勝を挙げ、モロッコラウンドのメインレースでポールポジションから勝利を収めたロブ・ハフだが、自身2度目となるドライバーズ選手権制覇については慎重な姿勢だ。

今月末にニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで開催されるMAC3に向け、ホンダはいろいろな戦略を考慮している。