Back

News

チルトン、ヨコハマ・トロフィーで勝利

チルトン、ヨコハマ・トロフィーで勝利

08/06/2015 07:54

ロスネフチWTCCロシアラウンドで勝利を収めたトム・チルトンは、ヨコハマ・ドライバーズ選手権争いに戻ってきた。

ROALモータースポーツでシボレーRMLクルーズTC1をドライブするチルトンは、レース1でゼングー・モータースポーツのノルベルト・ミケリスがドライブするホンダ・シビックを上回った。ただし、ミケリスはレース2でヨコハマ・ドライバーズのトップに立っている。

この結果、ミケリスがチルトンに12ポイント差をつけ、来週のスロバキアラウンドに臨む。メフディ・ベナーニは3位となった。

チルトンとミケリスがそれぞれ勝利を祝った一方で、ベナーニにとってはストレスがたまる週末となった。レース1ではステファノ・ダステとのコンタクトで出遅れ、レース2ではリタイヤしている。

また、カンポス・レーシングはウーゴ・バレンテも両レースで上位3位位に入っている。トム・コロネル、ダステ、グレゴワール・ドゥムースティエもそれぞれのレースでポイントを獲得した。だが、ジョン・フィリッピは運に恵まれず、レース1でリタイヤし、レース2で最下位に終わっている。

先月のドイツラウンドのレース2でリタイヤしていたチルトンは、「レース1はかなりシンプルだった」と語った。「僕にとって主な目標だったのは、ミケリスを抑えることだった。僕らは争っているからね。できるだけのフィニッシュができたと思う」。

一方のミケリスは「今週末を終えてまだヨコハマ・トロフィーのトップに入られるのは満足だ」と述べている。

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのMAC3は、シトロエンが接戦を制した。

...

25/06/2016 16:42 - 2016

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのオープニング・レースは、トム・コロネルがポールポジションスタートとなった。

チアゴ・モンテイロが地元ヴィラ・レアルで6年ぶりにポールポジションを獲得した。

ヴィラ・レアルで行われたWTCCポルトガルラウンドのフリー走行2回目は、ホセ・マリア・ロペスが制してホンダの独壇場に終止符を打った。

WTCCポルトガルラウンド最初のフリー走行は、ホンダのファクトリードライバーたちがトップ3を独占した。

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのテスト走行は、ホンダのエース、ノルベルト・ミケリスが最速タイムを出した。