Back

News

「絶好の場」日本に戻るコロネル

「絶好の場」日本に戻るコロネル

07/09/2015 14:00

WTCCの屈強なドライバーであるトム・コロネルは、11日から13日までツインリンクもてぎで開催されるJVC KENWOOD WTCC日本ラウンドで、慣れ親しんだ日本でのレースに臨む。

コロネルのWTCCのライバルの多くは、全長4,801キロのもてぎでのレース経験がない。だが、コロネルには日本での長い経験がある。

2003年、伊藤大輔とのコンビでコロネルはGT500で勝利を挙げた。このシーズンのGT選手権におけるホンダの唯一の圧勝だった。その6年前にも、コロネルはもてぎでの全日本F3選手権でTOM’Sトヨタをドライブして勝利している。1999年までに、コロネルはフォーミュラ・ニッポンでも優勝した。

5月のハンガリーでROALモータースポーツのシボレーRMLクルーズTC1を表彰台に導いたコロネル。43歳の彼はヨコハマドライバーズ選手権のトロフィーも、チームメートのトム・チルトンと一緒に争っているところだ。コロネルは日本でのWTCCで3勝と、ほかのドライバーより多くの最多勝利を挙げている。

コロネルの日本での活躍
1996年: 富士山近くの御殿場で全日本F3選手権に参戦
1997年: 全日本F3選手権で優勝
1998年: GT500で2勝、フォーミュラ・ニッポンで5位
1999年: ナカジマ・ホンダチームでGT500シリーズの2位に。フォーミュラ・ニッポンで王者に
2003年: ツインリンクもてぎでのGT500レースで勝利
2008年: 岡山での第2回WTCC日本ラウンドで勝利
2011年: 今度は鈴鹿で開催されたWTCC日本ラウンドで再び勝利
2013年: 鈴鹿でのレース2で、現時点ではWTCCで最後の勝利

写真はトム・コロネルが親切にも提供

2016年のWTCCも数多くのドラマと興奮があった。みなさんのWTCCの知識をこちらのクイズでチェック!

12月25日に37歳の誕生日を迎えたロブ・ハフ。2012年の王者であるイギリス人ドライバーのWTCCでのキャリアを数字で振り返る。

...

24/12/2016 06:00 - 2016

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

エステバン・ゲリエリが今季のWTCCに出場したのは一度だけかもしれない。だが、地元アルゼンチンで開催された8月のWTCCで、彼は大きなインパクトを残した。

トム・チルトンは2017年、モータースポーツの歴史をつくることを目指す。初めてWTCCとBTCCを同時に戦うドライバーとなるのだ。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のベストオーバーテイクを選出した。