Back

News

「絶好の場」日本に戻るコロネル

「絶好の場」日本に戻るコロネル

07/09/2015 14:00

WTCCの屈強なドライバーであるトム・コロネルは、11日から13日までツインリンクもてぎで開催されるJVC KENWOOD WTCC日本ラウンドで、慣れ親しんだ日本でのレースに臨む。

コロネルのWTCCのライバルの多くは、全長4,801キロのもてぎでのレース経験がない。だが、コロネルには日本での長い経験がある。

2003年、伊藤大輔とのコンビでコロネルはGT500で勝利を挙げた。このシーズンのGT選手権におけるホンダの唯一の圧勝だった。その6年前にも、コロネルはもてぎでの全日本F3選手権でTOM’Sトヨタをドライブして勝利している。1999年までに、コロネルはフォーミュラ・ニッポンでも優勝した。

5月のハンガリーでROALモータースポーツのシボレーRMLクルーズTC1を表彰台に導いたコロネル。43歳の彼はヨコハマドライバーズ選手権のトロフィーも、チームメートのトム・チルトンと一緒に争っているところだ。コロネルは日本でのWTCCで3勝と、ほかのドライバーより多くの最多勝利を挙げている。

コロネルの日本での活躍
1996年: 富士山近くの御殿場で全日本F3選手権に参戦
1997年: 全日本F3選手権で優勝
1998年: GT500で2勝、フォーミュラ・ニッポンで5位
1999年: ナカジマ・ホンダチームでGT500シリーズの2位に。フォーミュラ・ニッポンで王者に
2003年: ツインリンクもてぎでのGT500レースで勝利
2008年: 岡山での第2回WTCC日本ラウンドで勝利
2011年: 今度は鈴鹿で開催されたWTCC日本ラウンドで再び勝利
2013年: 鈴鹿でのレース2で、現時点ではWTCCで最後の勝利

写真はトム・コロネルが親切にも提供

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで行われたWTCCドイツラウンドのフリー走行1回目は、ホセ・マリア・ロペスがトップに立った。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで行われたWTCCドイツラウンドのテスト走行は、シトロエンのチームメートであるホセ・マリア・ロペスを抑えてイヴァン・ミュラーが最速だった。

チアゴ・モンテイロは今週WTCCドイツラウンドが開催されるニュルブルクリンク・ノルトシュライフェのことを、「世界で最も学ぶのが難しいトラック」と称した。

ホンダのファクトリードライバーであるノルベルト・ミケリスは、チームがシトロエンとシーズンを通じて激しいバトルを繰り広げるだろうと予想している。

8位スタートから2勝を挙げ、モロッコラウンドのメインレースでポールポジションから勝利を収めたロブ・ハフだが、自身2度目となるドライバーズ選手権制覇については慎重な姿勢だ。

今月末にニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで開催されるMAC3に向け、ホンダはいろいろな戦略を考慮している。