Back

News

ETCCでタイトル獲得のボルコビッチ、狙うはWTCC

ETCCでタイトル獲得のボルコビッチ、狙うはWTCC

11/10/2015 16:00

シチリアでのドラマチックなシーズンファイナルで、ドゥサン・ボルコビッチがETCCのシングル・メークを制した。ボルコビッチは2016年にWTCCへ戻りたいとの希望を明かしている。

セルビア人ドライバーは昨年のWTCCで表彰台にも立ったが、今年はWTCCでスタートに苦しみ、5月にETCCへと転向した。

ボルコビッチは「ETCC王者になったのは重要なことだ。WTCCでも続けることができるはずだよ。それが僕の願いであり、それにトライしている」と述べた。「僕はレギュラードライバーじゃない。セルビアには多くのファンがおり、WTCCに多くをもたらすことができる。昨年は何度か良い結果を出したけど、多くのミスも犯してしまった。経験がなかったからだ。僕にはスピードがあったし、良い結果も残した。優れたポテンシャルがあると示したんだ。今年はETCCのすべてのレースで良いタイムを出してきた。次は世界選手権に戻りたい。自分はその場にふさわしいと思っている」。

アウトドローモ・ペルグーサでのレースを前に、ボルコビッチはシングル・メーク・トロフィーのタイトル争いで21ポイントをつけていた。だが、最初の大きなクラッシュでマシンがダメージを受け、タイトル獲得が微妙となる。しかし、懸命なリペア作業でボルコビッチはレース2をスタートすることが可能となり、非常に慎重なドライブで4位フィニッシュ。タイトル獲得に必要なポイントを手にすることができた。

※結果はすべてFIAの正式承認待ち

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。

WTCCアルゼンチンラウンドのオープニングレースは、セバスティアン・ローブ・レーシングのトム・チルトンが初勝利を収めた。地元出身のホセ・マリア・ロペスは、18位スタートから5位フィニッシュしている。