Back

News

ハフ、モロッコラウンドに向けて興奮

ハフ、モロッコラウンドに向けて興奮

12/04/2015 18:46

ロブ・ハフは最近のポルトガルでのテストがうまくいったことで、来週のモロッコラウンドに向けて「興奮」していると述べた。

2012年のWTCC王者であるハフは先月、ラーダ・スポーツ・ロスネフトのチームメートであるミハイル・コズロフスキーやジェームス・トンプソンとともに、ポルティマン近郊のアルガルベのアウトドローモ国際サーキットでチームの新型ラーダ・ベスタTC1をテストした。

ハフは「マシンは変更に良い反応を示していた。ドライバーもエンジニアも、マシンが良くなっていると感じている」と話している。「僕はマラケシュに向けて興奮しているよ」。

ハフは初めてマラケシュでWTCCが開催された2009年に勝利を挙げている。2010年と2012年も、ムーレイ・エル・ハッサン・サーキットで表彰台に立った。

モロッコラウンドは17日から19日まで開催される。

ホンダはポルトガルラウンドでチアゴ・モンテイロが勝利を収めた。ノルベルト・ミケリスは、60キロのウェイトにもかかわらず、勝利を手にしたことを喜んでいる。

テッド・ビョルクはヴィラ・レアルのストリートサーキットで「ファイティングパフォーマンス」を披露し、14ポイントを獲得した。

2連覇中の王者ホセ・マリア・ロペスは、6月26日のポルトガルラウンドの予選で何度かミスを犯し、彼もまた人間であることを示した形となった。だが、アルゼンチン人ドライバーは2度のレースでそれぞれ5位となり、選手権でトップを維持している。

ホンダが26日、異なる2つの国で勝利を手にした。トラックでは、ポルトガルラウンドで地元出身のチアゴ・モンテイロが優勝。トラックの外では、イングランド南部で開催された「Goodwood Festival of Speed」で行われた初のWTCC ART CARSで勝利を収めている。

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのメインレースは、地元出身のチアゴ・モンテイロはが制した。

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのオープニングレースは、トム・コロネルがトム・チルトンを抑えて今季2度目の勝利を収めた。