Back

News

WTCCでの冒険に興奮するラピエール

WTCCでの冒険に興奮するラピエール

30/08/2015 12:00

夏にベスタTC1をテストしたニコラ・ラピエールは、ラーダ・スポーツ・ロスネフチでのWTCCでのチャンスについて、「非常にエキサイティングな挑戦」と述べている。

2015年のル・マンLMP2クラスで勝利したラピエールは、WTCCの今季残りシーズンでツーリングカーを初めて経験する。その最初が、来月のJVC KENWOOD WTCC日本ラウンドだ。

ラピエールは「WTCCでラーダ・ベスタTC1をドライブするのは、僕にとって非常にエキサイティングな挑戦だ」と語った。「シングルシーターやスポーツカーはたくさんドライブしてきたけど、ツーリングカーは初めてなんだ。ターボエンジンや前輪駆動は僕にとって初めてのことで、最初にベスタに乗ったときは学ぶことがたくさんあったよ。でも、ラーダ・スポーツ・ロスネフチのチームがすごく助けてくれた。できるだけ早くWTCCでのレースの戦い方を学ぶためにベストを尽くすよ。ラーダ・スポーツ・ロスネフチのために、重要なポイントをつかみ取れることを願っている」。

ラピエールはラーダのチームメートであるニッキー・カツバーグ、ロブ・ハフとともに、9月11日から13日までツインリンクもてぎで開催されるWTCC日本ラウンドに参戦。WTCCデビューを飾る。

ラーダ・ベスタTC1をテストするラピエールの様子はこちらをクリック。

2日にウィーンで開催されたFIA表彰式で、WTCCのトップドライバー3名が表彰された。シトロエンはマニュファクチャラーズ選手権優勝を表彰されている。

WTCCで3連覇を成し遂げたホセ・マリア・ロペスは、ウィーンでのFIAの授賞式を心待ちにしている。

先週のWTCC DHLカタールラウンドでメインレースを制したメフディ・ベナーニは、全力で臨んだことが勝利につながったと信じている。

WTCCのプロモーターであるユーロスポーツ・イベンツのフランソワ・リベイロ代表は、来季のタイトル争いはオープンになると述べた。

WTCCに戻ってきた今季の最終戦となった先週のカタールラウンドで、ジェームス・トンプソンはWTCCトロフィーの表彰台を手にした。

WTCC DHLカタールラウンドで表彰台に立ったテッド・ビョルクだが、ポールスター・シアン・レーシングにとって最悪なタイミングだったのかもしれない。