Back

News

WTCCでの冒険に興奮するラピエール

WTCCでの冒険に興奮するラピエール

30/08/2015 12:00

夏にベスタTC1をテストしたニコラ・ラピエールは、ラーダ・スポーツ・ロスネフチでのWTCCでのチャンスについて、「非常にエキサイティングな挑戦」と述べている。

2015年のル・マンLMP2クラスで勝利したラピエールは、WTCCの今季残りシーズンでツーリングカーを初めて経験する。その最初が、来月のJVC KENWOOD WTCC日本ラウンドだ。

ラピエールは「WTCCでラーダ・ベスタTC1をドライブするのは、僕にとって非常にエキサイティングな挑戦だ」と語った。「シングルシーターやスポーツカーはたくさんドライブしてきたけど、ツーリングカーは初めてなんだ。ターボエンジンや前輪駆動は僕にとって初めてのことで、最初にベスタに乗ったときは学ぶことがたくさんあったよ。でも、ラーダ・スポーツ・ロスネフチのチームがすごく助けてくれた。できるだけ早くWTCCでのレースの戦い方を学ぶためにベストを尽くすよ。ラーダ・スポーツ・ロスネフチのために、重要なポイントをつかみ取れることを願っている」。

ラピエールはラーダのチームメートであるニッキー・カツバーグ、ロブ・ハフとともに、9月11日から13日までツインリンクもてぎで開催されるWTCC日本ラウンドに参戦。WTCCデビューを飾る。

ラーダ・ベスタTC1をテストするラピエールの様子はこちらをクリック。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでのメインレースは、ノルベルト・ミケリスとのバトルの末にホセ・マリア・ロペスが制し、ドイツラウンドで2連勝を飾った。

ファイナルラップでチアゴ・モンテイロとイヴァン・ミュラーがクラッシュするドラマティックな終わりを迎えたWTCCドイツラウンドのオープニングレースは、ホセ・マリア・ロペスの勝利に終わった。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでのMAC3は、ホンダがシトロエンを下した。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでのメインレースは、見事なタイムを出したホセ・マリア・ロペスがポールポジションからスタートすることになった。

...

27/05/2016 08:00 - 2016

ホンダ・レーシング・チーム・JASとゼングー・モータースポーツの計4台が、WTCCハンガリーラウンドとモロッコラウンドの結果から除外されることになった。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで行われたWTCCドイツラウンドのフリー走行1回目は、ホセ・マリア・ロペスがトップに立った。