Back

News

MOLグループWTCCハンガリーラウンドの現状

MOLグループWTCCハンガリーラウンドの現状

01/05/2015 23:07

WTCCでの勝利を目指す戦いは、今週末も激しく行われる。MOLグループWTCCハンガリーラウンドが開催されるのだ。フリー走行を前に、現状をアップデートしよう。

1: ハンガリーではウェイト調整が入る。シボレーRMLクルーズTC1、ホンダ・シビックWTCC、ラーダ・ベスタは60キロ取り除かれる。
2: ハンガロリンクでのWTCC開催は4回目。イヴァン・ミュラーは一度も勝利を逃していない。
3: WTCC王者ホセ・マリア・ロペスが2014年に勝てなかった3つのサーキットの一つがハンガロリンクだ。
4: ホンダは新装シビックをデビューさせる。ダウンフォースや空力パフォーマンスが向上し、高速アンダーステアが減り、ブレーキ冷却が設計し直された。
5: 地元のファンは大勢が英雄ノルベルト・ミケリスを応援するだろう。
6: モロッコで衝突があったロブ・ハフとミハイル・コズロフスキーは、まったく新しい、完全に再建されたラーダ・ベスタでスタートする。
7: ドゥサン・ボルコビッチはWTCCでのスタートが難しくなり、ハンガリーで開幕するETCCにスイッチした。
8: 病気でモロッコラウンドを欠場したホンダ・レーシング・チーム・スウェーデンのリカルド・リデルは、今回のラウンドも欠場。チームは代役を立てない。
9: ハンガリーで競う17名のドライバーのうち、14名がWTCCのレースを制した経験を持ち、うち4名が王者になっている。
10: ミュラーはWTCCで42勝と最多。ロブ・ハフは229戦に参戦という記録を持っている。

2日にウィーンで開催されたFIA表彰式で、WTCCのトップドライバー3名が表彰された。シトロエンはマニュファクチャラーズ選手権優勝を表彰されている。

WTCCで3連覇を成し遂げたホセ・マリア・ロペスは、ウィーンでのFIAの授賞式を心待ちにしている。

先週のWTCC DHLカタールラウンドでメインレースを制したメフディ・ベナーニは、全力で臨んだことが勝利につながったと信じている。

WTCCのプロモーターであるユーロスポーツ・イベンツのフランソワ・リベイロ代表は、来季のタイトル争いはオープンになると述べた。

WTCCに戻ってきた今季の最終戦となった先週のカタールラウンドで、ジェームス・トンプソンはWTCCトロフィーの表彰台を手にした。

WTCC DHLカタールラウンドで表彰台に立ったテッド・ビョルクだが、ポールスター・シアン・レーシングにとって最悪なタイミングだったのかもしれない。