Back

News

フラッシュバック:ハンガリーでは母国の英雄ミケリスがホンダで勝利

フラッシュバック:ハンガリーでは母国の英雄ミケリスがホンダで勝利

14/08/2015 12:00

5月3日にハンガリーで開催されたMOL Group WTCCハンガリーラウンドのレース2は、地元のノルベルト・ミケリスが制した。ホンダにとっては2015年の初勝利。シトロエン勢の支配に終止符が打たれた。

初めてシビックWTCCをドライブするミケリスは、リバースグリッドのレース2でポールポジションからスタートし、3万5000人のファンの前で感動的な勝利を挙げた。レース1は王者ホセ・マリア・ロペスが勝利。今季3勝目で、タイトルレースの優勝候補であることを再確認させている。

レース1ではイヴァン・ミュラーとウーゴ・バレンテが、レース2ではトム・コロネルとトム・チルトンが表彰台入り。バレンテとミケリスはヨコハマ・ドライバーズ選手権の中でそれぞれ勝利した。

また、ラーダ・スポーツ・ロスネフチはロブ・ハフがレース1で9位フィニッシュしている。

ホンダはポルトガルラウンドでチアゴ・モンテイロが勝利を収めた。ノルベルト・ミケリスは、60キロのウェイトにもかかわらず、勝利を手にしたことを喜んでいる。

テッド・ビョルクはヴィラ・レアルのストリートサーキットで「ファイティングパフォーマンス」を披露し、14ポイントを獲得した。

2連覇中の王者ホセ・マリア・ロペスは、6月26日のポルトガルラウンドの予選で何度かミスを犯し、彼もまた人間であることを示した形となった。だが、アルゼンチン人ドライバーは2度のレースでそれぞれ5位となり、選手権でトップを維持している。

ホンダが26日、異なる2つの国で勝利を手にした。トラックでは、ポルトガルラウンドで地元出身のチアゴ・モンテイロが優勝。トラックの外では、イングランド南部で開催された「Goodwood Festival of Speed」で行われた初のWTCC ART CARSで勝利を収めている。

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのメインレースは、地元出身のチアゴ・モンテイロはが制した。

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのオープニングレースは、トム・コロネルがトム・チルトンを抑えて今季2度目の勝利を収めた。