Back

News

スロバキア、フリー走行2回目の最速はミュラー

スロバキア、フリー走行2回目の最速はミュラー

20/06/2015 13:10

WTCCスロバキアラウンドのフリー走行2回目は、イヴァン・ミュラーが最速タイムを出し、タイトルを狙えることを示した。

セッション前にセットアップを変更したミュラーは、チームメートである王者ホセ・マリア・ロペスに0.111秒差をつけてトップに立った。セッションは終盤に降雨でスリッピーとなり、赤旗が降られて中断されている。

昨年のスロバキアラウンドで勝利したセバスティアン・ローブが3位に入り、シトロエン勢がトップ3を独占。シボレー・クルーズのウーゴ・バレンテが4位でヨコハマ・ドライバーズ選手権のトップを取った。

王者になること4回、選手権でロペスを35ポイント差で追っているミュラーは、「セッションの最初はフリー走行1回目と同じトラックだったけど、最後の5分で雨が降ったね」と語った。「まだ小さな問題はいくつかあったけど、マシンは1回目よりも良い感じだった。次の目標は、小さな問題をケアしていくことだ」。

ラーダのロブ・ハフとニッキー・カツバーグがそれぞれ5位と6位に入り、メフディ・ベナーニが7位。トム・チルトン、トム・コロネル、ガブリエル・タルキーニと続いている。

クラフト・バンブー・レーシング・シボレーのグレゴワール・ドゥムースティエがクラッシュした際に、セッションは一時中断。ALL-INKL.COMミュニック・モータースポーツ・シボレーのステファノ・ダステも、フロントスプリッターの損傷により、早い段階でリタイヤしている。

2日にウィーンで開催されたFIA表彰式で、WTCCのトップドライバー3名が表彰された。シトロエンはマニュファクチャラーズ選手権優勝を表彰されている。

WTCCで3連覇を成し遂げたホセ・マリア・ロペスは、ウィーンでのFIAの授賞式を心待ちにしている。

先週のWTCC DHLカタールラウンドでメインレースを制したメフディ・ベナーニは、全力で臨んだことが勝利につながったと信じている。

WTCCのプロモーターであるユーロスポーツ・イベンツのフランソワ・リベイロ代表は、来季のタイトル争いはオープンになると述べた。

WTCCに戻ってきた今季の最終戦となった先週のカタールラウンドで、ジェームス・トンプソンはWTCCトロフィーの表彰台を手にした。

WTCC DHLカタールラウンドで表彰台に立ったテッド・ビョルクだが、ポールスター・シアン・レーシングにとって最悪なタイミングだったのかもしれない。