Back

News

スロバキア、フリー走行2回目の最速はミュラー

スロバキア、フリー走行2回目の最速はミュラー

20/06/2015 13:10

WTCCスロバキアラウンドのフリー走行2回目は、イヴァン・ミュラーが最速タイムを出し、タイトルを狙えることを示した。

セッション前にセットアップを変更したミュラーは、チームメートである王者ホセ・マリア・ロペスに0.111秒差をつけてトップに立った。セッションは終盤に降雨でスリッピーとなり、赤旗が降られて中断されている。

昨年のスロバキアラウンドで勝利したセバスティアン・ローブが3位に入り、シトロエン勢がトップ3を独占。シボレー・クルーズのウーゴ・バレンテが4位でヨコハマ・ドライバーズ選手権のトップを取った。

王者になること4回、選手権でロペスを35ポイント差で追っているミュラーは、「セッションの最初はフリー走行1回目と同じトラックだったけど、最後の5分で雨が降ったね」と語った。「まだ小さな問題はいくつかあったけど、マシンは1回目よりも良い感じだった。次の目標は、小さな問題をケアしていくことだ」。

ラーダのロブ・ハフとニッキー・カツバーグがそれぞれ5位と6位に入り、メフディ・ベナーニが7位。トム・チルトン、トム・コロネル、ガブリエル・タルキーニと続いている。

クラフト・バンブー・レーシング・シボレーのグレゴワール・ドゥムースティエがクラッシュした際に、セッションは一時中断。ALL-INKL.COMミュニック・モータースポーツ・シボレーのステファノ・ダステも、フロントスプリッターの損傷により、早い段階でリタイヤしている。

2016年のWTCCも数多くのドラマと興奮があった。みなさんのWTCCの知識をこちらのクイズでチェック!

12月25日に37歳の誕生日を迎えたロブ・ハフ。2012年の王者であるイギリス人ドライバーのWTCCでのキャリアを数字で振り返る。

...

24/12/2016 06:00 - 2016

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

エステバン・ゲリエリが今季のWTCCに出場したのは一度だけかもしれない。だが、地元アルゼンチンで開催された8月のWTCCで、彼は大きなインパクトを残した。

トム・チルトンは2017年、モータースポーツの歴史をつくることを目指す。初めてWTCCとBTCCを同時に戦うドライバーとなるのだ。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のベストオーバーテイクを選出した。