Back

News

スロバキア、フリー走行2回目の最速はミュラー

スロバキア、フリー走行2回目の最速はミュラー

20/06/2015 13:10

WTCCスロバキアラウンドのフリー走行2回目は、イヴァン・ミュラーが最速タイムを出し、タイトルを狙えることを示した。

セッション前にセットアップを変更したミュラーは、チームメートである王者ホセ・マリア・ロペスに0.111秒差をつけてトップに立った。セッションは終盤に降雨でスリッピーとなり、赤旗が降られて中断されている。

昨年のスロバキアラウンドで勝利したセバスティアン・ローブが3位に入り、シトロエン勢がトップ3を独占。シボレー・クルーズのウーゴ・バレンテが4位でヨコハマ・ドライバーズ選手権のトップを取った。

王者になること4回、選手権でロペスを35ポイント差で追っているミュラーは、「セッションの最初はフリー走行1回目と同じトラックだったけど、最後の5分で雨が降ったね」と語った。「まだ小さな問題はいくつかあったけど、マシンは1回目よりも良い感じだった。次の目標は、小さな問題をケアしていくことだ」。

ラーダのロブ・ハフとニッキー・カツバーグがそれぞれ5位と6位に入り、メフディ・ベナーニが7位。トム・チルトン、トム・コロネル、ガブリエル・タルキーニと続いている。

クラフト・バンブー・レーシング・シボレーのグレゴワール・ドゥムースティエがクラッシュした際に、セッションは一時中断。ALL-INKL.COMミュニック・モータースポーツ・シボレーのステファノ・ダステも、フロントスプリッターの損傷により、早い段階でリタイヤしている。

9月2日から4日まで開催されるWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍は、成功のためにベストを尽くすと語った。

ホンダがファクトリーマシンを1台増やすことになった。9月2日から4日に開催されるWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、日本人ドライバー道上龍が参戦することになったのだ。

来月、WTCCにデビューするエステバン・ゲリエリ。2連覇中の王者ホセ・マリア・ロペスに続くドライバーにまつわる注目の10ポイントを紹介する。

エステバン・ゲリエリが来月のWTCCアルゼンチンラウンドで、王者ホセ・マリア・ロペスとともに地元のトラックを走ることとなった。

ドライビングで語るホセ・マリア・ロペスだが、今月のブエノスアイレス200キロではステアリングをマイクに持ち替えることになった。

来月のアルゼンチンラウンドを前に、ロブ・ハフはテルマス・デ・リオ・オンドのサーキットを「美しいトラック」と評している。