Back

News

ポルトガルラウンド、フリー走行1回目はミュラーが最速

ポルトガルラウンド、フリー走行1回目はミュラーが最速

11/07/2015 11:40

OSCARO.com WTCCポルトガルラウンドのフリー走行1回目では、イヴァン・ミュラーがそのストリートサーキットでの力を見せ、最速タイムを出した。

優勝4回を誇るミュラーは、シトロエンCエリーゼWTCCをドライブし、全長4.7555キロのヴィラ・レアルのストリートサーキットで、2分0.749秒と最速だった。

ミュラーは「まだここのシケインについては確信がないけど、前に行くしか選択肢はない。だからプッシュしたんだ」と語った。「昨日よりもバランスは良くなったと思う。セッションが終わってから、僕らはさらに仕事をした。次のセッションでどうなるか、様子を見よう。まだ改善できるはずだ。目標は、すべてを冷静に分析することだよ」。

現王者で金曜のテストセッションではトップに立ったホセ・マリア・ロペスは、シトロエンのチームメートであるミュラーに0.084秒差で2位だった。ホンダでトップとなったノルベルト・ミケリスが3位。セバスティアン・ローブ、マ・チンホワ、ガブリエル・タルキーニが続いた。地元出身のチアゴ・モンテイロが7位。ネストール・ジロラミが8位、ウーゴ・バレンテが9位、メフディ・ベナーニが10位となっている。

タルキーニはセッションの最後でトム・チルトンのシボレーとクラッシュ。両者のマシンが損傷を負い、それぞれレーススチュワードに招集されている。

フリー走行1回目の順位表はこちら

ホセ・マリア・ロペスにとって、今週末のWTCCは再び夢のような結果となった。中国ラウンドのメインレースを制したロペスは、今季5度目となるTAG Heuer Best Lap Trophyも受賞している。

...

25/09/2016 10:51 - 2016

WTCC中国ラウンドのメインレースは、ホセ・マリア・ロペスが勝利した。シトロエン勢が1・2・3フィニッシュしたことで、WTCCトロフィーではメフディ・ベナーニが暫定で優勝を決めている。(*)

WTCC中国ラウンドのオープニングレースは、ポールスター・シアン・レーシングでボルボをドライブするテッド・ビョルクが初勝利を挙げた。最後から2つ目のコーナーでノルベルト・ミケリスを抜いている。

上海国際サーキットでのWTCC中国ラウンドの予選で苦しんだチアゴ・モンテイロは、レースも厳しい戦いになると予想している。

ホンダが2017年もWTCCに参戦することを決定した。シビックで新たな栄光を目指す。

上海国際サーキットで行われたWTCC中国ラウンドのMAC3は、ホンダが勝利を収めた。