Back

News

ポルトガルラウンド、フリー走行1回目はミュラーが最速

ポルトガルラウンド、フリー走行1回目はミュラーが最速

11/07/2015 11:40

OSCARO.com WTCCポルトガルラウンドのフリー走行1回目では、イヴァン・ミュラーがそのストリートサーキットでの力を見せ、最速タイムを出した。

優勝4回を誇るミュラーは、シトロエンCエリーゼWTCCをドライブし、全長4.7555キロのヴィラ・レアルのストリートサーキットで、2分0.749秒と最速だった。

ミュラーは「まだここのシケインについては確信がないけど、前に行くしか選択肢はない。だからプッシュしたんだ」と語った。「昨日よりもバランスは良くなったと思う。セッションが終わってから、僕らはさらに仕事をした。次のセッションでどうなるか、様子を見よう。まだ改善できるはずだ。目標は、すべてを冷静に分析することだよ」。

現王者で金曜のテストセッションではトップに立ったホセ・マリア・ロペスは、シトロエンのチームメートであるミュラーに0.084秒差で2位だった。ホンダでトップとなったノルベルト・ミケリスが3位。セバスティアン・ローブ、マ・チンホワ、ガブリエル・タルキーニが続いた。地元出身のチアゴ・モンテイロが7位。ネストール・ジロラミが8位、ウーゴ・バレンテが9位、メフディ・ベナーニが10位となっている。

タルキーニはセッションの最後でトム・チルトンのシボレーとクラッシュ。両者のマシンが損傷を負い、それぞれレーススチュワードに招集されている。

フリー走行1回目の順位表はこちら

2016年のWTCCも数多くのドラマと興奮があった。みなさんのWTCCの知識をこちらのクイズでチェック!

12月25日に37歳の誕生日を迎えたロブ・ハフ。2012年の王者であるイギリス人ドライバーのWTCCでのキャリアを数字で振り返る。

...

24/12/2016 06:00 - 2016

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

エステバン・ゲリエリが今季のWTCCに出場したのは一度だけかもしれない。だが、地元アルゼンチンで開催された8月のWTCCで、彼は大きなインパクトを残した。

トム・チルトンは2017年、モータースポーツの歴史をつくることを目指す。初めてWTCCとBTCCを同時に戦うドライバーとなるのだ。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のベストオーバーテイクを選出した。