Back

News

スロバキア、フリー走行1回目の最速は王者ロペス

スロバキア、フリー走行1回目の最速は王者ロペス

20/06/2015 10:53

WTCCスロバキアラウンドのフリー走行1回目では、ホセ・マリア・ロペスが最速タイムを出した。

全長5.922キロのスロバキア・リンクで、シトロエン・トータルCエリーゼのロペスは2分05.135秒をマーク。ラーダ・スポーツ・ロスネフチのロブ・ハフに0.716秒差をつけた。ただし、昨季の自身の予選タイムには及んでいない。

セッション終了後、ロペスはグラベルにスピンインし、10位に終わった19日のテストセッションを受けて完璧な回答を出すことができたと話している。

2014年王者のロペスは「良かったね。とてもうれしいよ」と語った。「昨日はうまくペースをつかめなかったから、少し心配していた。でも、僕には素晴らしいチームがある。とても素晴らしい仕事をしてくれる人たちで、マシンをケアしてくれるんだ」。

「昨日の僕はミスをした。だから、調子を取り戻せて良かったよ。まだ道のりは長い。でも、僕はこのパフォーマンスをさらに生かしたい。ミスから学んで、全力を尽くさなければいけないんだ。でも、今日は調子を取り戻せて良かったよ。ハフはかなり好調な様子だったけどね」。

ハフ以降の順位では、シトロエンのマ・チンホワが3位。ラーダのヤープ・ファン・ラーゲンが4位に入っている。ガブリエル・タルキーニとノルベルト・ミケリスがそれぞれホンダで5位と6位に入り、イヴァン・ミュラー、チアゴ・モンテイロ、トム・チルトンが続いている。

ROALモータースポーツ・シボレーのチルトンは、グラベル突入でセッションの半分を逃すこととなった。

WTCCデビューとなるホンダ・レーシング・チーム・スウェーデンのネストール・ジロラミは、10位と好調を続けている。

写真はFIA授賞式でシトロエン・レーシングのイヴス・マットン代表、WTCC王者ホセ・マリア・ロペス、2位イヴァン・ミュラーと一緒のモンテイロ。

FIA世界ラリークロスの王者マティアス・エクストロームは、2017年にWTCCが「ジョーカーラップ」を導入することに賛成している。

トム・チルトンが2017年のWTCCで目指すのは栄光のタイトルだ。セバスティアン・ローブ・レーシングとシトロエンCエリーゼWTCCで、イギリス人ドライバーとして3人目となる世界王者になることができると信じている。

イヴァン・ミュラーは、WTCCにマカオとモンツァが戻ってきたことを支持している。

ポールスター・シアン・レーシングは、最高の形で2016年のWTCCを終えた。テッド・ビョルクがボルボS60ポーツスターTC1で2レース連続表彰台を勝ち取り、ドライバーズ選手権で10位フィニッシュしたのだ。

...

03/12/2016 14:19 - 2016

2日にFIA授賞式でWTCCでの3連覇を正式に表彰された翌日、ホセ・マリア・ロペスはニュルブルクリンク・ノルトシュライフェ・ベストドライバー・トロフィーを受賞した。ロペスは今季、伝説のトラックで2連勝を飾っている。