Back

News

スロバキア、フリー走行1回目の最速は王者ロペス

スロバキア、フリー走行1回目の最速は王者ロペス

20/06/2015 10:53

WTCCスロバキアラウンドのフリー走行1回目では、ホセ・マリア・ロペスが最速タイムを出した。

全長5.922キロのスロバキア・リンクで、シトロエン・トータルCエリーゼのロペスは2分05.135秒をマーク。ラーダ・スポーツ・ロスネフチのロブ・ハフに0.716秒差をつけた。ただし、昨季の自身の予選タイムには及んでいない。

セッション終了後、ロペスはグラベルにスピンインし、10位に終わった19日のテストセッションを受けて完璧な回答を出すことができたと話している。

2014年王者のロペスは「良かったね。とてもうれしいよ」と語った。「昨日はうまくペースをつかめなかったから、少し心配していた。でも、僕には素晴らしいチームがある。とても素晴らしい仕事をしてくれる人たちで、マシンをケアしてくれるんだ」。

「昨日の僕はミスをした。だから、調子を取り戻せて良かったよ。まだ道のりは長い。でも、僕はこのパフォーマンスをさらに生かしたい。ミスから学んで、全力を尽くさなければいけないんだ。でも、今日は調子を取り戻せて良かったよ。ハフはかなり好調な様子だったけどね」。

ハフ以降の順位では、シトロエンのマ・チンホワが3位。ラーダのヤープ・ファン・ラーゲンが4位に入っている。ガブリエル・タルキーニとノルベルト・ミケリスがそれぞれホンダで5位と6位に入り、イヴァン・ミュラー、チアゴ・モンテイロ、トム・チルトンが続いている。

ROALモータースポーツ・シボレーのチルトンは、グラベル突入でセッションの半分を逃すこととなった。

WTCCデビューとなるホンダ・レーシング・チーム・スウェーデンのネストール・ジロラミは、10位と好調を続けている。

2016年のWTCCも数多くのドラマと興奮があった。みなさんのWTCCの知識をこちらのクイズでチェック!

12月25日に37歳の誕生日を迎えたロブ・ハフ。2012年の王者であるイギリス人ドライバーのWTCCでのキャリアを数字で振り返る。

...

24/12/2016 06:00 - 2016

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

エステバン・ゲリエリが今季のWTCCに出場したのは一度だけかもしれない。だが、地元アルゼンチンで開催された8月のWTCCで、彼は大きなインパクトを残した。

トム・チルトンは2017年、モータースポーツの歴史をつくることを目指す。初めてWTCCとBTCCを同時に戦うドライバーとなるのだ。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のベストオーバーテイクを選出した。