Back

News

ポルトガルラウンド、フリー走行2回目はアルゼンチン勢が活躍

ポルトガルラウンド、フリー走行2回目はアルゼンチン勢が活躍

11/07/2015 14:21

OSCARO.com WTCCポルトガルラウンドのフリー走行2回目では、ホセ・マリア・ロペスとネストール・ジロラミのアルゼンチン人ドライバーが活躍した。

シトロエンCエリーゼWTCCのロペスは最速タイムを出し、ホンダ・シビックWTCCのジロラミは0.279秒差で3位に入っている。

WTCCはまだ2戦目となるジロラミは、「とてもうれしいし、マシンは素晴らしかった」と語った。「予選を考えて新しいタイヤでやってみたんだ。予選はすごく、すごく難しいものになるだろう。一つのミスで週末が終わってしまうこともあるからね。しっかり準備して、集中していきたい」。

2位はロペスに0.274秒差でセバスティアン・ローブ。マ・チンホワが4位、地元出身のチアゴ・モンテイロがホンダをドライブして5位、イヴァン・ミュラーが6位だった。ロブ・ハフが7位に入り、ラーダ・ベスタ勢ではトップ。メフディ・ベナーニが8位でヨコハマ・ドライバーズ選手権の中ではトップだった。トム・コロネル、ノルベルト・ミケリスがその後を続いている。

フリー走行2回目の順位表はこちら

2016年のWTCCも数多くのドラマと興奮があった。みなさんのWTCCの知識をこちらのクイズでチェック!

12月25日に37歳の誕生日を迎えたロブ・ハフ。2012年の王者であるイギリス人ドライバーのWTCCでのキャリアを数字で振り返る。

...

24/12/2016 06:00 - 2016

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

エステバン・ゲリエリが今季のWTCCに出場したのは一度だけかもしれない。だが、地元アルゼンチンで開催された8月のWTCCで、彼は大きなインパクトを残した。

トム・チルトンは2017年、モータースポーツの歴史をつくることを目指す。初めてWTCCとBTCCを同時に戦うドライバーとなるのだ。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のベストオーバーテイクを選出した。