Back

News

コロネル、有刺鉄線から7位という天国へ

コロネル、有刺鉄線から7位という天国へ

01/07/2015 23:05

ROALモータースポーツ・シボレーRMLクルーズのトム・コロネルは、JVCケンウッドWTCCフランスラウンドのレース1が「有刺鉄線の上をドライブ」していたかのようだったと語った。

ポール・リカール・サーキットでのレース1で苦しんだコロネルだが、レース2では見事に修正。7位フィニッシュし、ドライバーズ選手権で12位に浮上した。

コロネルは「マシンはうまく走っていなかった」と語った。「有刺鉄線の上でドライブしているみたいだったよ。自分の価値を示すために戦った。フィニッシュラインでリカルド・リデルにも抜かれたんだ。レースとレースの間に、僕らはマシンのセッティングを変えた。それでうまくいったんだ。レース2ではかなり良くなったね。ほかのドライバーたちと競うのがより簡単になった。何台か抜くこともできたんだ」。

コロネルはレース2で、ヨコハマ・ドライバーズ選手権の中で3位と“表彰台”入りした。

2016年のWTCCも数多くのドラマと興奮があった。みなさんのWTCCの知識をこちらのクイズでチェック!

12月25日に37歳の誕生日を迎えたロブ・ハフ。2012年の王者であるイギリス人ドライバーのWTCCでのキャリアを数字で振り返る。

...

24/12/2016 06:00 - 2016

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

エステバン・ゲリエリが今季のWTCCに出場したのは一度だけかもしれない。だが、地元アルゼンチンで開催された8月のWTCCで、彼は大きなインパクトを残した。

トム・チルトンは2017年、モータースポーツの歴史をつくることを目指す。初めてWTCCとBTCCを同時に戦うドライバーとなるのだ。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のベストオーバーテイクを選出した。