Back

News

WTCCデビューでインパクトを残したジロラミ

WTCCデビューでインパクトを残したジロラミ

19/06/2015 15:52

スロバキアラウンドでWTCCデビューを飾ったネストール・ジロラミは、予選で12位に入った。だが、彼はまだスタートでしかないと話している。

ホンダ・レーシング・チーム・スウェーデンのスーパーTC2000王者ジロラミは、ホンダ・シビックWTCCをドライブするのも、全長5.922キロのスロバキア・リンクも始めてだったが、トップと1.723秒差、同じホンダのノルベルト・ミケリスに0.156秒差だった。

26歳のジロラミは「一歩ずつ進めているよ」と語った。「トラック、マシン、チームを学んでいるところだ。本当にチームのみんなのことが好きだよ。すべてOKだ。もっと経験を積めば、もっともっと良くなると確信し手いるよ」。

「アルゼンチンにはないようなとてもテクニカルなトラックで、長いコーナーが多い。これからデータを見ていこう。ガブリエル・タルキーニ、チアゴ・モンテイロ、ノルベルト・ミケリスには大きな感謝をしなければいけない。彼らは僕にたくさんアドバイスしてくれている。みんなフレンドリーだし、あとでホセ・マリア・ロペスともコーヒーを飲むんだ」。

ファクトリードライバーのタルキーニと同じセットアップのジロラミ。ホンダ・レーシング・チーム・スウェーデンの二クラス・カールソン氏も、そのパフォーマンスに驚いている。カールソン氏は「彼には本当に驚いているよ」と語った。「マシンに乗り、トラックに出て、チームと仕事するのは彼にとって初めてだったが、素晴らしい姿勢だ。彼と仕事するのは最高だよ。本当に優れている」。

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。