Back

News

WTCCデビューでインパクトを残したジロラミ

WTCCデビューでインパクトを残したジロラミ

19/06/2015 15:52

スロバキアラウンドでWTCCデビューを飾ったネストール・ジロラミは、予選で12位に入った。だが、彼はまだスタートでしかないと話している。

ホンダ・レーシング・チーム・スウェーデンのスーパーTC2000王者ジロラミは、ホンダ・シビックWTCCをドライブするのも、全長5.922キロのスロバキア・リンクも始めてだったが、トップと1.723秒差、同じホンダのノルベルト・ミケリスに0.156秒差だった。

26歳のジロラミは「一歩ずつ進めているよ」と語った。「トラック、マシン、チームを学んでいるところだ。本当にチームのみんなのことが好きだよ。すべてOKだ。もっと経験を積めば、もっともっと良くなると確信し手いるよ」。

「アルゼンチンにはないようなとてもテクニカルなトラックで、長いコーナーが多い。これからデータを見ていこう。ガブリエル・タルキーニ、チアゴ・モンテイロ、ノルベルト・ミケリスには大きな感謝をしなければいけない。彼らは僕にたくさんアドバイスしてくれている。みんなフレンドリーだし、あとでホセ・マリア・ロペスともコーヒーを飲むんだ」。

ファクトリードライバーのタルキーニと同じセットアップのジロラミ。ホンダ・レーシング・チーム・スウェーデンの二クラス・カールソン氏も、そのパフォーマンスに驚いている。カールソン氏は「彼には本当に驚いているよ」と語った。「マシンに乗り、トラックに出て、チームと仕事するのは彼にとって初めてだったが、素晴らしい姿勢だ。彼と仕事するのは最高だよ。本当に優れている」。

Redbull.comでのユーザー投票によるストリートサーキットのベスト10で、WTCCも開催されたマカオやパウ、ヴィラ・レアルが選出された。ヴィラ・レアルはトップに選ばれている。

来季のWTCC開幕まで4カ月。4月9日にマラケシュで開催されるWTCCモロッコラウンドで期待できることはなんだろうか。

写真はFIA授賞式でシトロエン・レーシングのイヴス・マットン代表、WTCC王者ホセ・マリア・ロペス、2位イヴァン・ミュラーと一緒のモンテイロ。

FIA世界ラリークロスの王者マティアス・エクストロームは、2017年にWTCCが「ジョーカーラップ」を導入することに賛成している。

トム・チルトンが2017年のWTCCで目指すのは栄光のタイトルだ。セバスティアン・ローブ・レーシングとシトロエンCエリーゼWTCCで、イギリス人ドライバーとして3人目となる世界王者になることができると信じている。

イヴァン・ミュラーは、WTCCにマカオとモンツァが戻ってきたことを支持している。