Back

News

ラーダ、WTCCでハッピーバースデー!

ラーダ、WTCCでハッピーバースデー!

17/04/2015 07:55

ラーダ・スポーツ・ロスネフチは、今週末のマラケシュでのモロッコラウンドで、WTCCでの50戦目を迎える。

ラーダが110モデルで初めてWTCCに参戦したのは、2008年のことだ。それ以降、ロブ・ハフが昨季2勝を挙げ、今季からはプレシーズンのテスト機会が限られながらも新型ベスタTC1が力を見せるなど、ラーダはWTCCの一線で地位を確立してきた。

ハフやジェームス・トンプソンとともにラーダで戦う新星ミハイル・コズロフスキーは、マシンがまだ完成していなかったため、先月のアルゼンチンラウンドを欠場した。だが、モロッコラウンドから登場する。

「去年は(マラケシュでの)レース2で5位に入った。今のところ、WTCCでの僕の最高成績だ。ベスタでさらに良い順位に入りたいね。ポルトガルでのテストの前に、マニクールのベースでベスタを初めて経験した。マシンにはとても満足していると言えるよ。素晴らしい感触だ。ただ、慣れなければいけないことはいくつかある。ベスタはグランタと違うからね」。

2009年にモロッコで初勝利を挙げているハフは、このように話している。

「アルゼンチンでマシンについて多くを学び、さらに向上させるためのいくつかの点を見つけた。Q1で1位になれたことが、このマシンの素晴らしいスピードを示している。一定の速さがあるけど、この週末は慎重にならなければいけない。小さなミスで困難に陥りかねないからね。だから、いつ攻めて、いつ抑えるかを知る必要がある。3台すべてからできるだけのデータを集めるためにね」。

WTCCでの50戦目ということに加え、この週末はラーダにとって、ロシアのトリアッチの拠点で初めてのシリーズを製造して45年目となる。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。

WTCCアルゼンチンラウンドのオープニングレースは、セバスティアン・ローブ・レーシングのトム・チルトンが初勝利を収めた。地元出身のホセ・マリア・ロペスは、18位スタートから5位フィニッシュしている。