Back

News

地元の英雄ミケリス、ハンガリーのレース2で勝利

地元の英雄ミケリス、ハンガリーのレース2で勝利

03/05/2015 15:10

MOLグループWTCCハンガリーラウンドのレース2は、地元のノルベルト・ミケリスの勝利に終わった。今季のWTCCで初の勝利だ。

3万5000人の観客からの声援を受け、ミケリスはポールポジションからそのまま勝利。ヨコハマドライバーズ選手権でも勝利した。ホンダは今季のWTCCで初勝利だ。

ROALモータースポーツでシボレーRMLクルーズTC1を走らせるトム・コロネルとトム・チルトンがそれぞれ2位と3位でフィニッシュ。カストロール・ホンダ・ワールド・ツーリング・カーチームのチアゴ・モンテイロが4位だった。

第2コーナーでの衝突を無傷で乗り切ったセバスティアン・ローブが、シトロエン勢で最高位となる5位でフィニッシュ。チームメートである王者ホセ・マリア・ロペスは、リバースグリッドから6位に入った。ロブ・ハフは運に恵まれず、1周目でラーダにアクシデントがあり、リタイヤしている。

そのほか、トップ10にはイヴァン・ミュラー、ウーゴ・バレンテ、マ・チンホワ、グレゴワール・ドゥムースティエが入った。

チアゴ・モンテイロは今週WTCCドイツラウンドが開催されるニュルブルクリンク・ノルトシュライフェのことを、「世界で最も学ぶのが難しいトラック」と称した。

ホンダのファクトリードライバーであるノルベルト・ミケリスは、チームがシトロエンとシーズンを通じて激しいバトルを繰り広げるだろうと予想している。

8位スタートから2勝を挙げ、モロッコラウンドのメインレースでポールポジションから勝利を収めたロブ・ハフだが、自身2度目となるドライバーズ選手権制覇については慎重な姿勢だ。

今月末にニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで開催されるMAC3に向け、ホンダはいろいろな戦略を考慮している。

セバスティアン・ローブ・レーシングのエンジニアであるジャン=フィリップ・ニコラオは、チームにとって厳しい結果となったマラケシュでのレースに言い訳はないと述べた。

イヴァン・ミュラーは、ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェのレースに臨む前に時間が必要だと認めている。