Back

News

予選後もポジティブなホンダのドライバーたち

予選後もポジティブなホンダのドライバーたち

20/06/2015 23:54

ホンダのチアゴ・モンテイロとガブリエル・タルキーニは、WTCCスロバキアラウンドの予選を終えて、楽観的な姿勢を保っている。

タルキーニはレース1で9位スタート、レース2で2位スタートとなり、モンテイロはQ1で17位と苦しんだ。

前回のロシアで勝利を手にし、スロバキアでも好結果を目指すとみられていたモンテイロは、「両レースとも17位スタートとなれば、とてもがっかりしているのは当然だ。特にマシンのバランスは良かったからね」と語った。「フリー走行からかなり良くなっている感じだったんだけど、今日はうまくペースがつかめなかった。話し合い、明日に向けて何ができるかを見ていこう」。

タルキーニは「僕ら全員にとって非常に難しい予選だった。僕らのマシンが60キロ(のウェイト調整)でうまくいかなかったのは明らかだね。僕は本当にその影響を感じたよ。マシンのバランスはかなり良い。でも、僕らは5位以内に入るのがかなり難しいと分かっていた。最初の数分で、ベストを尽くすのにすぐに新しいタイヤでいくことを決めて、10位以内に入ることはできたよ」と語った。

ホンダのWTCC技術パートナーであるJASモータースポーツのアレッサンドロ・マリアーニ氏は、「ウェイト調整が助けにならなかった。だが、我々はハンドリングでとても良いバランスを見出したし、昨年と比べてトラックの一部でパフォーマンスが改善されている。10位以内に3台のマシンが入ると予想していたから、ガブリエルとほかのホンダ勢の差には驚いているし、落胆しているがね」と語った。

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。