Back

News

予選後もポジティブなホンダのドライバーたち

予選後もポジティブなホンダのドライバーたち

20/06/2015 23:54

ホンダのチアゴ・モンテイロとガブリエル・タルキーニは、WTCCスロバキアラウンドの予選を終えて、楽観的な姿勢を保っている。

タルキーニはレース1で9位スタート、レース2で2位スタートとなり、モンテイロはQ1で17位と苦しんだ。

前回のロシアで勝利を手にし、スロバキアでも好結果を目指すとみられていたモンテイロは、「両レースとも17位スタートとなれば、とてもがっかりしているのは当然だ。特にマシンのバランスは良かったからね」と語った。「フリー走行からかなり良くなっている感じだったんだけど、今日はうまくペースがつかめなかった。話し合い、明日に向けて何ができるかを見ていこう」。

タルキーニは「僕ら全員にとって非常に難しい予選だった。僕らのマシンが60キロ(のウェイト調整)でうまくいかなかったのは明らかだね。僕は本当にその影響を感じたよ。マシンのバランスはかなり良い。でも、僕らは5位以内に入るのがかなり難しいと分かっていた。最初の数分で、ベストを尽くすのにすぐに新しいタイヤでいくことを決めて、10位以内に入ることはできたよ」と語った。

ホンダのWTCC技術パートナーであるJASモータースポーツのアレッサンドロ・マリアーニ氏は、「ウェイト調整が助けにならなかった。だが、我々はハンドリングでとても良いバランスを見出したし、昨年と比べてトラックの一部でパフォーマンスが改善されている。10位以内に3台のマシンが入ると予想していたから、ガブリエルとほかのホンダ勢の差には驚いているし、落胆しているがね」と語った。

Redbull.comでのユーザー投票によるストリートサーキットのベスト10で、WTCCも開催されたマカオやパウ、ヴィラ・レアルが選出された。ヴィラ・レアルはトップに選ばれている。

来季のWTCC開幕まで4カ月。4月9日にマラケシュで開催されるWTCCモロッコラウンドで期待できることはなんだろうか。

写真はFIA授賞式でシトロエン・レーシングのイヴス・マットン代表、WTCC王者ホセ・マリア・ロペス、2位イヴァン・ミュラーと一緒のモンテイロ。

FIA世界ラリークロスの王者マティアス・エクストロームは、2017年にWTCCが「ジョーカーラップ」を導入することに賛成している。

トム・チルトンが2017年のWTCCで目指すのは栄光のタイトルだ。セバスティアン・ローブ・レーシングとシトロエンCエリーゼWTCCで、イギリス人ドライバーとして3人目となる世界王者になることができると信じている。

イヴァン・ミュラーは、WTCCにマカオとモンツァが戻ってきたことを支持している。