Back

News

ホンダが好発進、タルキーニがもてぎでのテスト走行で最速に

ホンダが好発進、タルキーニがもてぎでのテスト走行で最速に

11/09/2015 06:52

11日にツインリンクもてぎで開催されたWTCC日本ラウンドのテスト走行、ホンダのホームでガブリエル・タルキーニが完璧なスタートを切った。テストで最速タイムを出している。

ホンダにとってさらに士気が高まるのは、やはりシビックを走るノルベルト・ミケリスが2位に入ったことだ。ゼングー・モータースポーツでヨコハマ・ドライバーズ選手権の中でもトップに立っている。

シトロエンの王者ホセ・マリア・ロペスは3位。続くのは再びカストール・ホンダ・ワールド・ツーリング・カーチームのマシンだ。チアゴ・モンテイロが4位に入っている。ラーダのトップとなったニッキー・カツバーグが5位、メフディ・ベナーニが6位、セバスティアン・ローブが7位、ロブ・ハフが8位、イヴァン・ミュラーが9位、マ・チンホワが10位と続いた。

一方、WTCCデビューとなるニコラ・ラピエールは12位。日本でのWTCCで3勝と最も勝利しているトム・コロネルに続く順位となった。

気温27℃の中で行われた30分間のテストセッションは、多くのドライバーにとって全長4.801キロのトラックは初経験だった。JVC KENWOOD WTCC日本ラウンドは、12日にフリー走行1回目から再開される。テスト走行の順位はこちらをクリック。

上海国際サーキットでのWTCC中国ラウンドの予選で苦しんだチアゴ・モンテイロは、レースも厳しい戦いになると予想している。

ホンダが2017年もWTCCに参戦することを決定した。シビックで新たな栄光を目指す。

上海国際サーキットで行われたWTCC中国ラウンドのMAC3は、ホンダが勝利を収めた。

...

24/09/2016 10:03 - 2016

WTCC中国ラウンドの予選でホセ・マリア・ロペスがポールポジションを獲得した。シトロエンは暫定ながらマニュファクチャラーズ選手権のタイトルを手にしている。(*)

中国ラウンドのフリー走行2回目は、ポールスター・シアン・レーシングのフレデリク・エクブロムが最速タイムを出した。

全長4.603キロの上海国際サーキットで開催されたWTCC中国ラウンドのフリー走行1回目は、ボルボS60ポールスターTC1を走らせるテッド・ビョルクが最速タイムを出した。