Back

News

ホンダが好発進、タルキーニがもてぎでのテスト走行で最速に

ホンダが好発進、タルキーニがもてぎでのテスト走行で最速に

11/09/2015 06:52

11日にツインリンクもてぎで開催されたWTCC日本ラウンドのテスト走行、ホンダのホームでガブリエル・タルキーニが完璧なスタートを切った。テストで最速タイムを出している。

ホンダにとってさらに士気が高まるのは、やはりシビックを走るノルベルト・ミケリスが2位に入ったことだ。ゼングー・モータースポーツでヨコハマ・ドライバーズ選手権の中でもトップに立っている。

シトロエンの王者ホセ・マリア・ロペスは3位。続くのは再びカストール・ホンダ・ワールド・ツーリング・カーチームのマシンだ。チアゴ・モンテイロが4位に入っている。ラーダのトップとなったニッキー・カツバーグが5位、メフディ・ベナーニが6位、セバスティアン・ローブが7位、ロブ・ハフが8位、イヴァン・ミュラーが9位、マ・チンホワが10位と続いた。

一方、WTCCデビューとなるニコラ・ラピエールは12位。日本でのWTCCで3勝と最も勝利しているトム・コロネルに続く順位となった。

気温27℃の中で行われた30分間のテストセッションは、多くのドライバーにとって全長4.801キロのトラックは初経験だった。JVC KENWOOD WTCC日本ラウンドは、12日にフリー走行1回目から再開される。テスト走行の順位はこちらをクリック。

2016年のWTCCも数多くのドラマと興奮があった。みなさんのWTCCの知識をこちらのクイズでチェック!

12月25日に37歳の誕生日を迎えたロブ・ハフ。2012年の王者であるイギリス人ドライバーのWTCCでのキャリアを数字で振り返る。

...

24/12/2016 06:00 - 2016

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

エステバン・ゲリエリが今季のWTCCに出場したのは一度だけかもしれない。だが、地元アルゼンチンで開催された8月のWTCCで、彼は大きなインパクトを残した。

トム・チルトンは2017年、モータースポーツの歴史をつくることを目指す。初めてWTCCとBTCCを同時に戦うドライバーとなるのだ。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のベストオーバーテイクを選出した。