Back

News

ハンガリーからWTCCで「追われる側」になることを願うホンダ

ハンガリーからWTCCで「追われる側」になることを願うホンダ

04/04/2015 17:17

カストロール・ホンダ・ワールドツーリング・カー・チームのアレッサンドロ・マリアーニ氏は、WTCC用のシビックを改善するための「フルパッケージ」がトラックで見られるのは、5月のハンガロリンクからだと明かした。チームはハンガロリンクで追う側から追われる側になることを願っている。

マリアーニ氏はホンダのWTCC技術パートナーで、シビックをWTCCでコンスタントに勝てるマシンとするためのプログラムを進めてきたJASモータースポーツを率いている。

彼らは先週、ポルトガルで継続的なパフォーマンスを見せてきた。ファクトリーチームのチアゴ・モンテイロとガブリエル・タルキーニ、またヨコハマ・ドライバーズ選手権を争うノルベルト・ミケリスが、ポルティマン近郊のアルガルベにあるアウトドローモ国際サーキットでテストに臨んでいる。

マリアーニ氏は「各ドライバーに1日ずつを割り当て、ダンバーのキャリブレーションをテストするなど、マラケシュに向けてセットアップと向上を目指してきた」と述べた。「マラケシュで結果が出るとは思っていない。本当に狙っているのは、フルパッケージを見ることになるハンガロリンクだからだ」。

マラケシュのムーレイ・エル・ハッサン・サーキットで行われるWTCCモロッコラウンドは、17日から19日の開催。ブダペスト近郊のハンガロリンクで開催されるハンガリーラウンドは、5月1日から3日まで開催される。

2016年のWTCCも数多くのドラマと興奮があった。みなさんのWTCCの知識をこちらのクイズでチェック!

12月25日に37歳の誕生日を迎えたロブ・ハフ。2012年の王者であるイギリス人ドライバーのWTCCでのキャリアを数字で振り返る。

...

24/12/2016 06:00 - 2016

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

エステバン・ゲリエリが今季のWTCCに出場したのは一度だけかもしれない。だが、地元アルゼンチンで開催された8月のWTCCで、彼は大きなインパクトを残した。

トム・チルトンは2017年、モータースポーツの歴史をつくることを目指す。初めてWTCCとBTCCを同時に戦うドライバーとなるのだ。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のベストオーバーテイクを選出した。