Back

News

ハンガリーからWTCCで「追われる側」になることを願うホンダ

ハンガリーからWTCCで「追われる側」になることを願うホンダ

04/04/2015 17:17

カストロール・ホンダ・ワールドツーリング・カー・チームのアレッサンドロ・マリアーニ氏は、WTCC用のシビックを改善するための「フルパッケージ」がトラックで見られるのは、5月のハンガロリンクからだと明かした。チームはハンガロリンクで追う側から追われる側になることを願っている。

マリアーニ氏はホンダのWTCC技術パートナーで、シビックをWTCCでコンスタントに勝てるマシンとするためのプログラムを進めてきたJASモータースポーツを率いている。

彼らは先週、ポルトガルで継続的なパフォーマンスを見せてきた。ファクトリーチームのチアゴ・モンテイロとガブリエル・タルキーニ、またヨコハマ・ドライバーズ選手権を争うノルベルト・ミケリスが、ポルティマン近郊のアルガルベにあるアウトドローモ国際サーキットでテストに臨んでいる。

マリアーニ氏は「各ドライバーに1日ずつを割り当て、ダンバーのキャリブレーションをテストするなど、マラケシュに向けてセットアップと向上を目指してきた」と述べた。「マラケシュで結果が出るとは思っていない。本当に狙っているのは、フルパッケージを見ることになるハンガロリンクだからだ」。

マラケシュのムーレイ・エル・ハッサン・サーキットで行われるWTCCモロッコラウンドは、17日から19日の開催。ブダペスト近郊のハンガロリンクで開催されるハンガリーラウンドは、5月1日から3日まで開催される。

2日にウィーンで開催されたFIA表彰式で、WTCCのトップドライバー3名が表彰された。シトロエンはマニュファクチャラーズ選手権優勝を表彰されている。

WTCCで3連覇を成し遂げたホセ・マリア・ロペスは、ウィーンでのFIAの授賞式を心待ちにしている。

先週のWTCC DHLカタールラウンドでメインレースを制したメフディ・ベナーニは、全力で臨んだことが勝利につながったと信じている。

WTCCのプロモーターであるユーロスポーツ・イベンツのフランソワ・リベイロ代表は、来季のタイトル争いはオープンになると述べた。

WTCCに戻ってきた今季の最終戦となった先週のカタールラウンドで、ジェームス・トンプソンはWTCCトロフィーの表彰台を手にした。

WTCC DHLカタールラウンドで表彰台に立ったテッド・ビョルクだが、ポールスター・シアン・レーシングにとって最悪なタイミングだったのかもしれない。