Back

News

ハンガリーからWTCCで「追われる側」になることを願うホンダ

ハンガリーからWTCCで「追われる側」になることを願うホンダ

04/04/2015 17:17

カストロール・ホンダ・ワールドツーリング・カー・チームのアレッサンドロ・マリアーニ氏は、WTCC用のシビックを改善するための「フルパッケージ」がトラックで見られるのは、5月のハンガロリンクからだと明かした。チームはハンガロリンクで追う側から追われる側になることを願っている。

マリアーニ氏はホンダのWTCC技術パートナーで、シビックをWTCCでコンスタントに勝てるマシンとするためのプログラムを進めてきたJASモータースポーツを率いている。

彼らは先週、ポルトガルで継続的なパフォーマンスを見せてきた。ファクトリーチームのチアゴ・モンテイロとガブリエル・タルキーニ、またヨコハマ・ドライバーズ選手権を争うノルベルト・ミケリスが、ポルティマン近郊のアルガルベにあるアウトドローモ国際サーキットでテストに臨んでいる。

マリアーニ氏は「各ドライバーに1日ずつを割り当て、ダンバーのキャリブレーションをテストするなど、マラケシュに向けてセットアップと向上を目指してきた」と述べた。「マラケシュで結果が出るとは思っていない。本当に狙っているのは、フルパッケージを見ることになるハンガロリンクだからだ」。

マラケシュのムーレイ・エル・ハッサン・サーキットで行われるWTCCモロッコラウンドは、17日から19日の開催。ブダペスト近郊のハンガロリンクで開催されるハンガリーラウンドは、5月1日から3日まで開催される。

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。