Back

News

ハンガリーからWTCCで「追われる側」になることを願うホンダ

ハンガリーからWTCCで「追われる側」になることを願うホンダ

04/04/2015 17:17

カストロール・ホンダ・ワールドツーリング・カー・チームのアレッサンドロ・マリアーニ氏は、WTCC用のシビックを改善するための「フルパッケージ」がトラックで見られるのは、5月のハンガロリンクからだと明かした。チームはハンガロリンクで追う側から追われる側になることを願っている。

マリアーニ氏はホンダのWTCC技術パートナーで、シビックをWTCCでコンスタントに勝てるマシンとするためのプログラムを進めてきたJASモータースポーツを率いている。

彼らは先週、ポルトガルで継続的なパフォーマンスを見せてきた。ファクトリーチームのチアゴ・モンテイロとガブリエル・タルキーニ、またヨコハマ・ドライバーズ選手権を争うノルベルト・ミケリスが、ポルティマン近郊のアルガルベにあるアウトドローモ国際サーキットでテストに臨んでいる。

マリアーニ氏は「各ドライバーに1日ずつを割り当て、ダンバーのキャリブレーションをテストするなど、マラケシュに向けてセットアップと向上を目指してきた」と述べた。「マラケシュで結果が出るとは思っていない。本当に狙っているのは、フルパッケージを見ることになるハンガロリンクだからだ」。

マラケシュのムーレイ・エル・ハッサン・サーキットで行われるWTCCモロッコラウンドは、17日から19日の開催。ブダペスト近郊のハンガロリンクで開催されるハンガリーラウンドは、5月1日から3日まで開催される。

ホンダはポルトガルラウンドでチアゴ・モンテイロが勝利を収めた。ノルベルト・ミケリスは、60キロのウェイトにもかかわらず、勝利を手にしたことを喜んでいる。

テッド・ビョルクはヴィラ・レアルのストリートサーキットで「ファイティングパフォーマンス」を披露し、14ポイントを獲得した。

2連覇中の王者ホセ・マリア・ロペスは、6月26日のポルトガルラウンドの予選で何度かミスを犯し、彼もまた人間であることを示した形となった。だが、アルゼンチン人ドライバーは2度のレースでそれぞれ5位となり、選手権でトップを維持している。

ホンダが26日、異なる2つの国で勝利を手にした。トラックでは、ポルトガルラウンドで地元出身のチアゴ・モンテイロが優勝。トラックの外では、イングランド南部で開催された「Goodwood Festival of Speed」で行われた初のWTCC ART CARSで勝利を収めている。

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのメインレースは、地元出身のチアゴ・モンテイロはが制した。

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのオープニングレースは、トム・コロネルがトム・チルトンを抑えて今季2度目の勝利を収めた。