Back

News

ホンダに希望、タルキーニがフランスラウンドのテスト走行で最速

ホンダに希望、タルキーニがフランスラウンドのテスト走行で最速

26/06/2015 13:00

JVCケンウッドWTCCフランスラウンドのテスト走行で、ガブリエル・タルキーニが最速タイムを出した。ホンダにとっては、スロバキアラウンドでのフラストレーションを払しょくした形だ。

2009年のWTCC王者であるタルキーニは、3.841キロのポール・リカール・サーキットで1分30秒227というタイムを出した。

2位はシトロエンのマ・チンホワで、タルキーニとは0.112秒差だった。3位もホンダのチアゴ・モンテイロ。4位にホセ・マリア・ロペス(シトロエン)、5位にラーダのロブ・ハフと続いている。

フランス人ドライバーでは、セバスティアン・ローブが6位とトップ。7位はニッキー・カツバーグ、さらにヨコハマドライバーズ選手権を戦うノルベルト・ミケリス、メフディ・ベナーニ、ウーゴ・バレンテと続いた。

ホンダが26日、異なる2つの国で勝利を手にした。トラックでは、ポルトガルラウンドで地元出身のチアゴ・モンテイロが優勝。トラックの外では、イングランド南部で開催された「Goodwood Festival of Speed」で行われた初のWTCC ART CARSで勝利を収めている。

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのメインレースは、地元出身のチアゴ・モンテイロはが制した。

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのオープニングレースは、トム・コロネルがトム・チルトンを抑えて今季2度目の勝利を収めた。

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのMAC3は、シトロエンが接戦を制した。

...

25/06/2016 16:42 - 2016

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのオープニング・レースは、トム・コロネルがポールポジションスタートとなった。

チアゴ・モンテイロが地元ヴィラ・レアルで6年ぶりにポールポジションを獲得した。