Back

News

リデル、WTCCでの暑さを心配せず

リデル、WTCCでの暑さを心配せず

25/03/2015 14:30

リカルド・リデルはWTCCにおける暑さに影響されることはないと強調している。

今月のアルゼンチンラウンドでマシン内部は摂氏70℃以上という暑さに耐えたホンダのスウェーデン人ドライバーは、同じようなコンディションのモロッコラウンドに向かうこととなる。モロッコラウンドは4月17日から19日までの開催だ。

だが、1週間を通じて毎日トレーニングときもあるほど厳格にフィットネスへの配慮を見せているリデルは、厳しい天候にも耐えられるはずだ。

ニカ・インターナショナルのホンダ・シビックをドライブし、アルゼンチンラウンドの2レースでトップ10入りしたリデルは、「アルゼンチンの暑さは信じられないほどだった。マシンの中が摂氏70℃以上だったんだ」と語った。「これまでになかったほどタフな2レースだった。でも、この冬のトレーニングの成果が出たんだ。1週間に4時間から7時間、フィジカルのトレーニングをしていたんだよ。フィットネスを保っているんだ。だから、問題はないよ」。

リデルは2015年のWTCCでホンダ・シビックを走らせる5名の一人。ツーリングカーシリーズで5度の勝利を手にしたドライバーだ。

4月のWTCCハンガリーラウンドでは、オープニングレースでメフディ・ベナーニが2度目の勝利を手にした。また、トム・チルトンが10位スタートから見事な追い上げを見せ、セバスティアン・ローブ・レーシングがワンツーフィニッシュを果たしている。

9月2日から4日まで開催されるWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍は、成功のためにベストを尽くすと語った。

ホンダがファクトリーマシンを1台増やすことになった。9月2日から4日に開催されるWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、日本人ドライバー道上龍が参戦することになったのだ。

来月、WTCCにデビューするエステバン・ゲリエリ。2連覇中の王者ホセ・マリア・ロペスに続くドライバーにまつわる注目の10ポイントを紹介する。

エステバン・ゲリエリが来月のWTCCアルゼンチンラウンドで、王者ホセ・マリア・ロペスとともに地元のトラックを走ることとなった。

ドライビングで語るホセ・マリア・ロペスだが、今月のブエノスアイレス200キロではステアリングをマイクに持ち替えることになった。