Back

News

リデル、WTCCでの暑さを心配せず

リデル、WTCCでの暑さを心配せず

25/03/2015 14:30

リカルド・リデルはWTCCにおける暑さに影響されることはないと強調している。

今月のアルゼンチンラウンドでマシン内部は摂氏70℃以上という暑さに耐えたホンダのスウェーデン人ドライバーは、同じようなコンディションのモロッコラウンドに向かうこととなる。モロッコラウンドは4月17日から19日までの開催だ。

だが、1週間を通じて毎日トレーニングときもあるほど厳格にフィットネスへの配慮を見せているリデルは、厳しい天候にも耐えられるはずだ。

ニカ・インターナショナルのホンダ・シビックをドライブし、アルゼンチンラウンドの2レースでトップ10入りしたリデルは、「アルゼンチンの暑さは信じられないほどだった。マシンの中が摂氏70℃以上だったんだ」と語った。「これまでになかったほどタフな2レースだった。でも、この冬のトレーニングの成果が出たんだ。1週間に4時間から7時間、フィジカルのトレーニングをしていたんだよ。フィットネスを保っているんだ。だから、問題はないよ」。

リデルは2015年のWTCCでホンダ・シビックを走らせる5名の一人。ツーリングカーシリーズで5度の勝利を手にしたドライバーだ。

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。