Back

News

コズロフスキー、新型ベスタのテストに満足

コズロフスキー、新型ベスタのテストに満足

02/04/2015 20:10

ラーダ・スポーツ・ロスネフトのミハイル・コズロフスキーは、新型ベスタTC1にとって最初となる大きなテストを終えて、「とても満足」している。

今月のモロッコラウンドで2015年のWTCCをスタートするコズロフスキーは先週、フランスのマニクールで初めてベスタの感触を得た。だが今週は、ポルトガルのポルティマンに近いアルガルベのアウトドローモ国際サーキットで初のテストも行っている。

25歳と若いロシア出身のコズロフスキーは、「ラーダ・ベスタにとても満足している」と述べた。「マシンは素晴らしい感触だ。いくつか慣れる必要はある。ベスタはグランタとドライブするうえで違いがあるからね。

コズロフスキーのチームメートであるロブ・ハフとジェームス・トンプソンも、ポルティマンでテストをしている。ライバルのシトロエンとホンダのチームたちも同様だ。WTCCモロッコラウンドは、17日から19日まで開催される。

ホンダはポルトガルラウンドでチアゴ・モンテイロが勝利を収めた。ノルベルト・ミケリスは、60キロのウェイトにもかかわらず、勝利を手にしたことを喜んでいる。

テッド・ビョルクはヴィラ・レアルのストリートサーキットで「ファイティングパフォーマンス」を披露し、14ポイントを獲得した。

2連覇中の王者ホセ・マリア・ロペスは、6月26日のポルトガルラウンドの予選で何度かミスを犯し、彼もまた人間であることを示した形となった。だが、アルゼンチン人ドライバーは2度のレースでそれぞれ5位となり、選手権でトップを維持している。

ホンダが26日、異なる2つの国で勝利を手にした。トラックでは、ポルトガルラウンドで地元出身のチアゴ・モンテイロが優勝。トラックの外では、イングランド南部で開催された「Goodwood Festival of Speed」で行われた初のWTCC ART CARSで勝利を収めている。

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのメインレースは、地元出身のチアゴ・モンテイロはが制した。

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのオープニングレースは、トム・コロネルがトム・チルトンを抑えて今季2度目の勝利を収めた。