Back

News

ハンガリーでのフラストレーションを打ち消したいと願うラーダ

ハンガリーでのフラストレーションを打ち消したいと願うラーダ

04/05/2015 09:46

ラーダ・スポーツ・ロスネフチのチーム代表を務めるビクター・シャポバロフ氏は、WTCCハンガリーラウンドでの第5戦と第6戦が厳しい結果に終わったことを受け、チームがより強くなって戻ってくると信じている。

ジェームス・トンプソンがスタートできず、ロブ・ハフとミハイル・コズロフスキーが参戦したハンガリーラウンド。だが残念ながら、ロシアの若手コズロフスキは両レースでそれぞれ技術系の問題を抱え、元王者ハフもレース1で9位に入ったが、レース2では第2コーナーでの接触でリタイヤを余儀なくされている。

シャポバロフ氏は「ハンガリーではチームが願っていたような、計画していたような週末にならなかった。それは明らかだ」と語った。「だが、予選でのペースはレースをするたびに良くなっており、それはポジティブなことだよ。我々はニュルブルクリンクでもっと強くなる。そして、ベスタをもっと良くするよ」。

ハフはレース2でのリタイヤが「レースでのアクシデント」だとつけ加えた。「5、6台があまりに早くに一つのターンに飛び込んだんだ。トラックから外れ、そこに戻り、ほかのドライバーたちもそれぞれのポジションを取って、僕らはああなったと思う。残念ながら、またマシンが壊れてしまった」。

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのMAC3は、シトロエンが接戦を制した。

...

25/06/2016 16:42 - 2016

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのオープニング・レースは、トム・コロネルがポールポジションスタートとなった。

チアゴ・モンテイロが地元ヴィラ・レアルで6年ぶりにポールポジションを獲得した。

ヴィラ・レアルで行われたWTCCポルトガルラウンドのフリー走行2回目は、ホセ・マリア・ロペスが制してホンダの独壇場に終止符を打った。

WTCCポルトガルラウンド最初のフリー走行は、ホンダのファクトリードライバーたちがトップ3を独占した。

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのテスト走行は、ホンダのエース、ノルベルト・ミケリスが最速タイムを出した。