Back

News

ハンガリーでのフラストレーションを打ち消したいと願うラーダ

ハンガリーでのフラストレーションを打ち消したいと願うラーダ

04/05/2015 09:46

ラーダ・スポーツ・ロスネフチのチーム代表を務めるビクター・シャポバロフ氏は、WTCCハンガリーラウンドでの第5戦と第6戦が厳しい結果に終わったことを受け、チームがより強くなって戻ってくると信じている。

ジェームス・トンプソンがスタートできず、ロブ・ハフとミハイル・コズロフスキーが参戦したハンガリーラウンド。だが残念ながら、ロシアの若手コズロフスキは両レースでそれぞれ技術系の問題を抱え、元王者ハフもレース1で9位に入ったが、レース2では第2コーナーでの接触でリタイヤを余儀なくされている。

シャポバロフ氏は「ハンガリーではチームが願っていたような、計画していたような週末にならなかった。それは明らかだ」と語った。「だが、予選でのペースはレースをするたびに良くなっており、それはポジティブなことだよ。我々はニュルブルクリンクでもっと強くなる。そして、ベスタをもっと良くするよ」。

ハフはレース2でのリタイヤが「レースでのアクシデント」だとつけ加えた。「5、6台があまりに早くに一つのターンに飛び込んだんだ。トラックから外れ、そこに戻り、ほかのドライバーたちもそれぞれのポジションを取って、僕らはああなったと思う。残念ながら、またマシンが壊れてしまった」。

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。