Back

News

夏の中断期間もラーダは注目

夏の中断期間もラーダは注目

16/08/2015 12:00

ラーダ・スポーツ・ロスネフチは、WTCC伝統のサマーブレーク期間中も、母国ロシアで注目を集めている。

ラーダは16日にカザンで閉幕を迎えたFINA(世界水泳連盟)の世界水泳の公式スポンサーだ。

「#LADACampus」の展示会場では、ラーダ・ベスタWTCCが展示され、多くのファンの関心を集めた。

ラーダ・スポーツ・ベスタが次に戦うのは、9月11日から13日に開催されるJVC Kenwood WTCC日本ラウンド。ここまで16戦を終え、ラーダのロブ・ハフ、ニッキー・カツバーグ、ヤープ・ファン・ラーゲンは、それぞれ選手権で10位、13位、15位につけている。

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。