Back

News

ラーダがフランスでテスト

ラーダがフランスでテスト

20/08/2015 12:00

WTCCのライバルたちは、ラーダに気をつけた方が良いだろう。

ラーダは夏の中断期間に大きなテストを行った。チーム代表のビクター・シャポバロフ氏は、アジアや中東でのシーズン終盤戦を前に、2015年用新型ベスタが大きく改良されたと話している。

ラーダ・スポーツ・ロスネフチは今月、テクニカルスポンサーのORECAの地元であるフランスのマニクールでテストを行った。シャポバロフ氏は進化に満足している。

シャポバロフ氏は「我々は大規模なテストを行い、多くのラーダ・ベスタTC1のアップデートを行った」と述べた。「特に集中したのはフェトリング、エンジンの効率を高めること、そしてスロースピードのコーナーでマシンがもっと強くなるためにサスペンションを向上させることだった」。

JVC KENWOOD WTCC日本ラウンドは、9月11日から13日までツインリンクもてぎで開催される。

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。