Back

News

ラーダ、ファン・ラーゲンの貢献に感謝

ラーダ、ファン・ラーゲンの貢献に感謝

29/08/2015 12:00

ラーダ・スポーツ・ロスネフチが、ヤープ・ファン・ラーゲンに感謝した。ラーダがシーズン終盤の4ラウンドに向け、ニコラ・ラピエールと契約したことで、オランダ人ドライバーのWTCCでの冒険は終了している。

2008年にラーダの前身ロシアン・ベアーズの一員となったファン・ラーゲンは、5月のドイツラウンドでラーダに復帰。ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでのフリー走行1回目でいきなり最速タイムを出すなど沸かせた。

6月のスロバキアラウンドでは6位と最高位に入った。スロバキアリンクではレース2のリバースグリッドでポールポジションになるなど、2度のフロントロースタートを経験している。

ラーダ・スポーツ・ロスネフチは声明で、「ヤープは緊急的にチームに加わり、ラーダ・スポーツ・ロスネフチのカラーを纏った最初から非常に見事なパフォーマンスを見せてくれた。チームは彼の努力に感謝したい」とコメントしている。

一方、9月11日から13日までツインリンクもてぎで開催されるJVC KENWOOD WTCC日本ラウンドでは、ラピエールがラーダ・スポーツ・ロスネフチでのデビューを飾る。

2016年のWTCCも数多くのドラマと興奮があった。みなさんのWTCCの知識をこちらのクイズでチェック!

12月25日に37歳の誕生日を迎えたロブ・ハフ。2012年の王者であるイギリス人ドライバーのWTCCでのキャリアを数字で振り返る。

...

24/12/2016 06:00 - 2016

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

エステバン・ゲリエリが今季のWTCCに出場したのは一度だけかもしれない。だが、地元アルゼンチンで開催された8月のWTCCで、彼は大きなインパクトを残した。

トム・チルトンは2017年、モータースポーツの歴史をつくることを目指す。初めてWTCCとBTCCを同時に戦うドライバーとなるのだ。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のベストオーバーテイクを選出した。