Back

News

ラーダ、ファン・ラーゲンの貢献に感謝

ラーダ、ファン・ラーゲンの貢献に感謝

29/08/2015 12:00

ラーダ・スポーツ・ロスネフチが、ヤープ・ファン・ラーゲンに感謝した。ラーダがシーズン終盤の4ラウンドに向け、ニコラ・ラピエールと契約したことで、オランダ人ドライバーのWTCCでの冒険は終了している。

2008年にラーダの前身ロシアン・ベアーズの一員となったファン・ラーゲンは、5月のドイツラウンドでラーダに復帰。ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでのフリー走行1回目でいきなり最速タイムを出すなど沸かせた。

6月のスロバキアラウンドでは6位と最高位に入った。スロバキアリンクではレース2のリバースグリッドでポールポジションになるなど、2度のフロントロースタートを経験している。

ラーダ・スポーツ・ロスネフチは声明で、「ヤープは緊急的にチームに加わり、ラーダ・スポーツ・ロスネフチのカラーを纏った最初から非常に見事なパフォーマンスを見せてくれた。チームは彼の努力に感謝したい」とコメントしている。

一方、9月11日から13日までツインリンクもてぎで開催されるJVC KENWOOD WTCC日本ラウンドでは、ラピエールがラーダ・スポーツ・ロスネフチでのデビューを飾る。

Redbull.comでのユーザー投票によるストリートサーキットのベスト10で、WTCCも開催されたマカオやパウ、ヴィラ・レアルが選出された。ヴィラ・レアルはトップに選ばれている。

来季のWTCC開幕まで4カ月。4月9日にマラケシュで開催されるWTCCモロッコラウンドで期待できることはなんだろうか。

写真はFIA授賞式でシトロエン・レーシングのイヴス・マットン代表、WTCC王者ホセ・マリア・ロペス、2位イヴァン・ミュラーと一緒のモンテイロ。

FIA世界ラリークロスの王者マティアス・エクストロームは、2017年にWTCCが「ジョーカーラップ」を導入することに賛成している。

トム・チルトンが2017年のWTCCで目指すのは栄光のタイトルだ。セバスティアン・ローブ・レーシングとシトロエンCエリーゼWTCCで、イギリス人ドライバーとして3人目となる世界王者になることができると信じている。

イヴァン・ミュラーは、WTCCにマカオとモンツァが戻ってきたことを支持している。