Back

News

ラーダ、ファン・ラーゲンの貢献に感謝

ラーダ、ファン・ラーゲンの貢献に感謝

29/08/2015 12:00

ラーダ・スポーツ・ロスネフチが、ヤープ・ファン・ラーゲンに感謝した。ラーダがシーズン終盤の4ラウンドに向け、ニコラ・ラピエールと契約したことで、オランダ人ドライバーのWTCCでの冒険は終了している。

2008年にラーダの前身ロシアン・ベアーズの一員となったファン・ラーゲンは、5月のドイツラウンドでラーダに復帰。ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでのフリー走行1回目でいきなり最速タイムを出すなど沸かせた。

6月のスロバキアラウンドでは6位と最高位に入った。スロバキアリンクではレース2のリバースグリッドでポールポジションになるなど、2度のフロントロースタートを経験している。

ラーダ・スポーツ・ロスネフチは声明で、「ヤープは緊急的にチームに加わり、ラーダ・スポーツ・ロスネフチのカラーを纏った最初から非常に見事なパフォーマンスを見せてくれた。チームは彼の努力に感謝したい」とコメントしている。

一方、9月11日から13日までツインリンクもてぎで開催されるJVC KENWOOD WTCC日本ラウンドでは、ラピエールがラーダ・スポーツ・ロスネフチでのデビューを飾る。

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。