Back

News

ル・マン勝者のラピエールがラーダと契約

ル・マン勝者のラピエールがラーダと契約

28/08/2015 15:06

来月の日本ラウンドで、ニコラ・ラピエールがWTCCデビューを飾ることになった。ラーダ・スポーツ・ロスネフチと2015年残りシーズンいっぱいの契約を結んでいる。

31歳のラピエールは、9月11日から13日まだツインリンクもてぎで開催されるJVC KENWOOD WTCC日本ラウンドから、ヤープ・ファン・ラーゲンのベスタTC1を引き継ぐ。

フランス人ドライバーは中国、タイ、カタールでのシーズン終盤戦にも参戦し、2015年の新型ラーダで大きなインパクトを残すことが期待される。

ラーダは新加入のラピエールに、2012年王者であるイギリス人のロブ・ハフ、WTCCではルーキーのオランダ人ニッキー・カツバーグというラインナップになった。

ラピエールはF3、A1 GP、GP2、今年のル・マン24時間レースでLMP2クラスを制したドライバー。6月下旬にポール・リカールサーキットで開催されたラーダのテストで成功した。トヨタでFIA世界耐久選手権を戦った経験もあり、日本のファンにもおなじみだ。

WTCCのフランソワ・リベイロGMは、「ラピエールを見ることができるのは、ラーダ・スポーツ・ロスネフチとWTCCにとって良いニュースだ。シングルシーターとしての豊富な経験と、スポーツカーにおける彼の技術的背景は、ラーダとテクニカルパートナーのオレカのエンジニアが、ベスタTC1を進化させる助けとなるだろう。一方で、ニコラがロブやニックと一緒に正しい方向へとチームを導けるドライバーであることは、みんなが知っている。ニコラと契約するというラーダの決定は、WTCCの野心のまた一つの模範であり、マニュファクチャラーも報われるだろう」と語った。

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。