Back

News

ル・マン勝者のラピエールがラーダと契約

ル・マン勝者のラピエールがラーダと契約

28/08/2015 15:06

来月の日本ラウンドで、ニコラ・ラピエールがWTCCデビューを飾ることになった。ラーダ・スポーツ・ロスネフチと2015年残りシーズンいっぱいの契約を結んでいる。

31歳のラピエールは、9月11日から13日まだツインリンクもてぎで開催されるJVC KENWOOD WTCC日本ラウンドから、ヤープ・ファン・ラーゲンのベスタTC1を引き継ぐ。

フランス人ドライバーは中国、タイ、カタールでのシーズン終盤戦にも参戦し、2015年の新型ラーダで大きなインパクトを残すことが期待される。

ラーダは新加入のラピエールに、2012年王者であるイギリス人のロブ・ハフ、WTCCではルーキーのオランダ人ニッキー・カツバーグというラインナップになった。

ラピエールはF3、A1 GP、GP2、今年のル・マン24時間レースでLMP2クラスを制したドライバー。6月下旬にポール・リカールサーキットで開催されたラーダのテストで成功した。トヨタでFIA世界耐久選手権を戦った経験もあり、日本のファンにもおなじみだ。

WTCCのフランソワ・リベイロGMは、「ラピエールを見ることができるのは、ラーダ・スポーツ・ロスネフチとWTCCにとって良いニュースだ。シングルシーターとしての豊富な経験と、スポーツカーにおける彼の技術的背景は、ラーダとテクニカルパートナーのオレカのエンジニアが、ベスタTC1を進化させる助けとなるだろう。一方で、ニコラがロブやニックと一緒に正しい方向へとチームを導けるドライバーであることは、みんなが知っている。ニコラと契約するというラーダの決定は、WTCCの野心のまた一つの模範であり、マニュファクチャラーも報われるだろう」と語った。

2016年のWTCCも数多くのドラマと興奮があった。みなさんのWTCCの知識をこちらのクイズでチェック!

12月25日に37歳の誕生日を迎えたロブ・ハフ。2012年の王者であるイギリス人ドライバーのWTCCでのキャリアを数字で振り返る。

...

24/12/2016 06:00 - 2016

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

エステバン・ゲリエリが今季のWTCCに出場したのは一度だけかもしれない。だが、地元アルゼンチンで開催された8月のWTCCで、彼は大きなインパクトを残した。

トム・チルトンは2017年、モータースポーツの歴史をつくることを目指す。初めてWTCCとBTCCを同時に戦うドライバーとなるのだ。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のベストオーバーテイクを選出した。