Back

News

中国ラウンド予選、ポールポジションはロペス

中国ラウンド予選、ポールポジションはロペス

27/09/2015 03:51

ROSNEFT WTCC中国ラウンドのレース1は、ホセ・マリア・ロペスがポールポジションからスタートすることになった。上海国際サーキットでの予選でトップに立っている。

セーフティーバリアの修復のため、レース当日朝に延期された予選は、ドラマティックなバトルとなった。ロペスはシトロエンのチームメートで、地元中国出身のマ・チンホワを0.114秒差で上回り、予選を制している。

3位はラーダのニッキー・カツバーグ。4位がセバスティアン・ローブ、5位がイヴァン・ミュラーとシトロエン・トータル勢が続いた。

ラーダのロブ・ハフはジョン・フィリッピとともにQ3に進めず。だが、シボレーRMLクルーズを駆使し、ヨコハマ・ドライバーズ選手権の中では2015年初となるトップとなった。ホンダ勢ではガブリエル・タルキーニの8位が最上位だった。

ウーゴ・バレンテはQ2で10位となり、レース2のリバースグリッドでポールポジションからスタートすることに。フロントローで並ぶのは、Q2で9位だったトム・コロネルだ。メフディ・ベナーニが11位、ニコラ・ラピエールが12位と続いている。

ホンダのノルベルト・ミケリスとチアゴ・モンテイロは、トム・チルトン、ステファノ・ダステ、グレゴワール・ドゥムースティエとともにQ2に進むことができなかった。

ホンダのファクトリードライバーであるノルベルト・ミケリスは、チームがシトロエンとシーズンを通じて激しいバトルを繰り広げるだろうと予想している。

8位スタートから2勝を挙げ、モロッコラウンドのメインレースでポールポジションから勝利を収めたロブ・ハフだが、自身2度目となるドライバーズ選手権制覇については慎重な姿勢だ。

今月末にニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで開催されるMAC3に向け、ホンダはいろいろな戦略を考慮している。

セバスティアン・ローブ・レーシングのエンジニアであるジャン=フィリップ・ニコラオは、チームにとって厳しい結果となったマラケシュでのレースに言い訳はないと述べた。

イヴァン・ミュラーは、ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェのレースに臨む前に時間が必要だと認めている。

ホンダの代表アレッサンドロ・マリアーニは、冬の変更が今季のWTCCで幸運を呼び寄せたと信じている。