Back

News

中国ラウンド予選、ポールポジションはロペス

中国ラウンド予選、ポールポジションはロペス

27/09/2015 03:51

ROSNEFT WTCC中国ラウンドのレース1は、ホセ・マリア・ロペスがポールポジションからスタートすることになった。上海国際サーキットでの予選でトップに立っている。

セーフティーバリアの修復のため、レース当日朝に延期された予選は、ドラマティックなバトルとなった。ロペスはシトロエンのチームメートで、地元中国出身のマ・チンホワを0.114秒差で上回り、予選を制している。

3位はラーダのニッキー・カツバーグ。4位がセバスティアン・ローブ、5位がイヴァン・ミュラーとシトロエン・トータル勢が続いた。

ラーダのロブ・ハフはジョン・フィリッピとともにQ3に進めず。だが、シボレーRMLクルーズを駆使し、ヨコハマ・ドライバーズ選手権の中では2015年初となるトップとなった。ホンダ勢ではガブリエル・タルキーニの8位が最上位だった。

ウーゴ・バレンテはQ2で10位となり、レース2のリバースグリッドでポールポジションからスタートすることに。フロントローで並ぶのは、Q2で9位だったトム・コロネルだ。メフディ・ベナーニが11位、ニコラ・ラピエールが12位と続いている。

ホンダのノルベルト・ミケリスとチアゴ・モンテイロは、トム・チルトン、ステファノ・ダステ、グレゴワール・ドゥムースティエとともにQ2に進むことができなかった。

4月のWTCCハンガリーラウンドでは、オープニングレースでメフディ・ベナーニが2度目の勝利を手にした。また、トム・チルトンが10位スタートから見事な追い上げを見せ、セバスティアン・ローブ・レーシングがワンツーフィニッシュを果たしている。

9月2日から4日まで開催されるWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍は、成功のためにベストを尽くすと語った。

ホンダがファクトリーマシンを1台増やすことになった。9月2日から4日に開催されるWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、日本人ドライバー道上龍が参戦することになったのだ。

来月、WTCCにデビューするエステバン・ゲリエリ。2連覇中の王者ホセ・マリア・ロペスに続くドライバーにまつわる注目の10ポイントを紹介する。

エステバン・ゲリエリが来月のWTCCアルゼンチンラウンドで、王者ホセ・マリア・ロペスとともに地元のトラックを走ることとなった。

ドライビングで語るホセ・マリア・ロペスだが、今月のブエノスアイレス200キロではステアリングをマイクに持ち替えることになった。