Back

News

中国ラウンド予選、ポールポジションはロペス

中国ラウンド予選、ポールポジションはロペス

27/09/2015 03:51

ROSNEFT WTCC中国ラウンドのレース1は、ホセ・マリア・ロペスがポールポジションからスタートすることになった。上海国際サーキットでの予選でトップに立っている。

セーフティーバリアの修復のため、レース当日朝に延期された予選は、ドラマティックなバトルとなった。ロペスはシトロエンのチームメートで、地元中国出身のマ・チンホワを0.114秒差で上回り、予選を制している。

3位はラーダのニッキー・カツバーグ。4位がセバスティアン・ローブ、5位がイヴァン・ミュラーとシトロエン・トータル勢が続いた。

ラーダのロブ・ハフはジョン・フィリッピとともにQ3に進めず。だが、シボレーRMLクルーズを駆使し、ヨコハマ・ドライバーズ選手権の中では2015年初となるトップとなった。ホンダ勢ではガブリエル・タルキーニの8位が最上位だった。

ウーゴ・バレンテはQ2で10位となり、レース2のリバースグリッドでポールポジションからスタートすることに。フロントローで並ぶのは、Q2で9位だったトム・コロネルだ。メフディ・ベナーニが11位、ニコラ・ラピエールが12位と続いている。

ホンダのノルベルト・ミケリスとチアゴ・モンテイロは、トム・チルトン、ステファノ・ダステ、グレゴワール・ドゥムースティエとともにQ2に進むことができなかった。

2016年のWTCCも数多くのドラマと興奮があった。みなさんのWTCCの知識をこちらのクイズでチェック!

12月25日に37歳の誕生日を迎えたロブ・ハフ。2012年の王者であるイギリス人ドライバーのWTCCでのキャリアを数字で振り返る。

...

24/12/2016 06:00 - 2016

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

エステバン・ゲリエリが今季のWTCCに出場したのは一度だけかもしれない。だが、地元アルゼンチンで開催された8月のWTCCで、彼は大きなインパクトを残した。

トム・チルトンは2017年、モータースポーツの歴史をつくることを目指す。初めてWTCCとBTCCを同時に戦うドライバーとなるのだ。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のベストオーバーテイクを選出した。