Back

News

フリー走行2回目もロペスがトップ、ホンダの新マシンも好調

フリー走行2回目もロペスがトップ、ホンダの新マシンも好調

02/05/2015 13:00

ホセ・マリア・ロペスがMOLグループWTCCハンガリーラウンドで好調を続けている。フリー走行2回目でも、彼のシトロエンCエリーゼがトップだったのだ。だが、ガブリエル・タルキーニも王者に0.5秒遅れたのみ。ホンダ・シビックのポテンシャルを示した。

フリー走行2回目は全長4.381キロのハンガロリンクで雨の中で行われ、フリー走行1回目でもトップだったロペスは2分11秒506で再びトップだった。

だが、タルキーニはロペスが「追いつけない」存在と認めつつ、新マシンのパフォーマンスに満足している。タルキーニは「ロペスは追いつけないかのようだけど、僕らはますます近づいている。予選がどうなるかは分からないけどね」と語った。

「僕らのマシンはウェットに合うようだ。よりうまく機能している。だから、僕らは楽観しているよ。この新パッケージでウェットの中を走るのは初めてだから、マシンのポテンシャルを見出さなければいけない」。

タルキーニに続き、やはりホンダのチアゴ・モンテイロも3位と好調。過去4シーズン、ハンガリーで勝利を挙げているイヴァン・ミュラーと、地元のノルベルト・ミケリスがそれに続いた。トップ6に入ったもう一種類のマシンは、ラーダ・スポーツ・ロスネフチ。ロブ・ハフが6位に入っている。

マ・チンホワが7位と続き、フリー走行1回目でのクラッシュからシトロエンのメカニックたちが急いでリペアしたセバスティアン・ローブが8位。トム・コロネル、ステファノ・ダステがトップ10を締めくくった。

フリー走行2回目の順位はこちら

ホセ・マリア・ロペスにとって、今週末のWTCCは再び夢のような結果となった。中国ラウンドのメインレースを制したロペスは、今季5度目となるTAG Heuer Best Lap Trophyも受賞している。

...

25/09/2016 10:51 - 2016

WTCC中国ラウンドのメインレースは、ホセ・マリア・ロペスが勝利した。シトロエン勢が1・2・3フィニッシュしたことで、WTCCトロフィーではメフディ・ベナーニが暫定で優勝を決めている。(*)

WTCC中国ラウンドのオープニングレースは、ポールスター・シアン・レーシングでボルボをドライブするテッド・ビョルクが初勝利を挙げた。最後から2つ目のコーナーでノルベルト・ミケリスを抜いている。

上海国際サーキットでのWTCC中国ラウンドの予選で苦しんだチアゴ・モンテイロは、レースも厳しい戦いになると予想している。

ホンダが2017年もWTCCに参戦することを決定した。シビックで新たな栄光を目指す。

上海国際サーキットで行われたWTCC中国ラウンドのMAC3は、ホンダが勝利を収めた。