Back

News

フリー走行2回目もロペスがトップ、ホンダの新マシンも好調

フリー走行2回目もロペスがトップ、ホンダの新マシンも好調

02/05/2015 13:00

ホセ・マリア・ロペスがMOLグループWTCCハンガリーラウンドで好調を続けている。フリー走行2回目でも、彼のシトロエンCエリーゼがトップだったのだ。だが、ガブリエル・タルキーニも王者に0.5秒遅れたのみ。ホンダ・シビックのポテンシャルを示した。

フリー走行2回目は全長4.381キロのハンガロリンクで雨の中で行われ、フリー走行1回目でもトップだったロペスは2分11秒506で再びトップだった。

だが、タルキーニはロペスが「追いつけない」存在と認めつつ、新マシンのパフォーマンスに満足している。タルキーニは「ロペスは追いつけないかのようだけど、僕らはますます近づいている。予選がどうなるかは分からないけどね」と語った。

「僕らのマシンはウェットに合うようだ。よりうまく機能している。だから、僕らは楽観しているよ。この新パッケージでウェットの中を走るのは初めてだから、マシンのポテンシャルを見出さなければいけない」。

タルキーニに続き、やはりホンダのチアゴ・モンテイロも3位と好調。過去4シーズン、ハンガリーで勝利を挙げているイヴァン・ミュラーと、地元のノルベルト・ミケリスがそれに続いた。トップ6に入ったもう一種類のマシンは、ラーダ・スポーツ・ロスネフチ。ロブ・ハフが6位に入っている。

マ・チンホワが7位と続き、フリー走行1回目でのクラッシュからシトロエンのメカニックたちが急いでリペアしたセバスティアン・ローブが8位。トム・コロネル、ステファノ・ダステがトップ10を締めくくった。

フリー走行2回目の順位はこちら

写真はFIA授賞式でシトロエン・レーシングのイヴス・マットン代表、WTCC王者ホセ・マリア・ロペス、2位イヴァン・ミュラーと一緒のモンテイロ。

FIA世界ラリークロスの王者マティアス・エクストロームは、2017年にWTCCが「ジョーカーラップ」を導入することに賛成している。

トム・チルトンが2017年のWTCCで目指すのは栄光のタイトルだ。セバスティアン・ローブ・レーシングとシトロエンCエリーゼWTCCで、イギリス人ドライバーとして3人目となる世界王者になることができると信じている。

イヴァン・ミュラーは、WTCCにマカオとモンツァが戻ってきたことを支持している。

ポールスター・シアン・レーシングは、最高の形で2016年のWTCCを終えた。テッド・ビョルクがボルボS60ポーツスターTC1で2レース連続表彰台を勝ち取り、ドライバーズ選手権で10位フィニッシュしたのだ。

...

03/12/2016 14:19 - 2016

2日にFIA授賞式でWTCCでの3連覇を正式に表彰された翌日、ホセ・マリア・ロペスはニュルブルクリンク・ノルトシュライフェ・ベストドライバー・トロフィーを受賞した。ロペスは今季、伝説のトラックで2連勝を飾っている。