Back

News

フリー走行2回目もロペスがトップ、ホンダの新マシンも好調

フリー走行2回目もロペスがトップ、ホンダの新マシンも好調

02/05/2015 13:00

ホセ・マリア・ロペスがMOLグループWTCCハンガリーラウンドで好調を続けている。フリー走行2回目でも、彼のシトロエンCエリーゼがトップだったのだ。だが、ガブリエル・タルキーニも王者に0.5秒遅れたのみ。ホンダ・シビックのポテンシャルを示した。

フリー走行2回目は全長4.381キロのハンガロリンクで雨の中で行われ、フリー走行1回目でもトップだったロペスは2分11秒506で再びトップだった。

だが、タルキーニはロペスが「追いつけない」存在と認めつつ、新マシンのパフォーマンスに満足している。タルキーニは「ロペスは追いつけないかのようだけど、僕らはますます近づいている。予選がどうなるかは分からないけどね」と語った。

「僕らのマシンはウェットに合うようだ。よりうまく機能している。だから、僕らは楽観しているよ。この新パッケージでウェットの中を走るのは初めてだから、マシンのポテンシャルを見出さなければいけない」。

タルキーニに続き、やはりホンダのチアゴ・モンテイロも3位と好調。過去4シーズン、ハンガリーで勝利を挙げているイヴァン・ミュラーと、地元のノルベルト・ミケリスがそれに続いた。トップ6に入ったもう一種類のマシンは、ラーダ・スポーツ・ロスネフチ。ロブ・ハフが6位に入っている。

マ・チンホワが7位と続き、フリー走行1回目でのクラッシュからシトロエンのメカニックたちが急いでリペアしたセバスティアン・ローブが8位。トム・コロネル、ステファノ・ダステがトップ10を締めくくった。

フリー走行2回目の順位はこちら

2016年のWTCCも数多くのドラマと興奮があった。みなさんのWTCCの知識をこちらのクイズでチェック!

12月25日に37歳の誕生日を迎えたロブ・ハフ。2012年の王者であるイギリス人ドライバーのWTCCでのキャリアを数字で振り返る。

...

24/12/2016 06:00 - 2016

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

エステバン・ゲリエリが今季のWTCCに出場したのは一度だけかもしれない。だが、地元アルゼンチンで開催された8月のWTCCで、彼は大きなインパクトを残した。

トム・チルトンは2017年、モータースポーツの歴史をつくることを目指す。初めてWTCCとBTCCを同時に戦うドライバーとなるのだ。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のベストオーバーテイクを選出した。