Back

News

モロッコラウンド、レース1を制したのは王者ロペス

モロッコラウンド、レース1を制したのは王者ロペス

19/04/2015 17:51

WTCC王者ホセ・マリア・ロペスが、モロッコラウンドのレース1を制した。マラケシュのストリートサーキットで激しいバトルの末、シトロエンのチームメートであるマ・チンホワとセバスティアン・ローブと一緒に表彰台を独占している。

地元の英雄メフディ・ベナーニは2位スタートだったが、最初のコーナーでローブに抜かれた。チームのボスであるローブから順位を奪い返そうと戦ったベナーニだが、4位に終わっている。5位は、10位から巻き返したイヴァン・ミュラーとなった。

6位と7位は、ホンダのチアゴ・モンテイロとガブリエル・タルキーニ。8位はノルベルト・ミケリス、9位がステファノ・ダステ、10位がトム・チルトンとなった。ラーダのジェームス・トンプソンが11位となっている。

1週目にチルトンとROALモータースポーツのチームメートであるトム・コロネルがアクシデントを起こしたため、この件は調査されている。コロネルはクラッシュによりリタイヤを余儀なくされた。

なお、ウーゴ・バレンテはメカニカルとみられる問題で、グリッドからスタートできなかった。

2016年のWTCCも数多くのドラマと興奮があった。みなさんのWTCCの知識をこちらのクイズでチェック!

12月25日に37歳の誕生日を迎えたロブ・ハフ。2012年の王者であるイギリス人ドライバーのWTCCでのキャリアを数字で振り返る。

...

24/12/2016 06:00 - 2016

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

エステバン・ゲリエリが今季のWTCCに出場したのは一度だけかもしれない。だが、地元アルゼンチンで開催された8月のWTCCで、彼は大きなインパクトを残した。

トム・チルトンは2017年、モータースポーツの歴史をつくることを目指す。初めてWTCCとBTCCを同時に戦うドライバーとなるのだ。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のベストオーバーテイクを選出した。