Back

News

モロッコラウンド、レース1を制したのは王者ロペス

モロッコラウンド、レース1を制したのは王者ロペス

19/04/2015 17:51

WTCC王者ホセ・マリア・ロペスが、モロッコラウンドのレース1を制した。マラケシュのストリートサーキットで激しいバトルの末、シトロエンのチームメートであるマ・チンホワとセバスティアン・ローブと一緒に表彰台を独占している。

地元の英雄メフディ・ベナーニは2位スタートだったが、最初のコーナーでローブに抜かれた。チームのボスであるローブから順位を奪い返そうと戦ったベナーニだが、4位に終わっている。5位は、10位から巻き返したイヴァン・ミュラーとなった。

6位と7位は、ホンダのチアゴ・モンテイロとガブリエル・タルキーニ。8位はノルベルト・ミケリス、9位がステファノ・ダステ、10位がトム・チルトンとなった。ラーダのジェームス・トンプソンが11位となっている。

1週目にチルトンとROALモータースポーツのチームメートであるトム・コロネルがアクシデントを起こしたため、この件は調査されている。コロネルはクラッシュによりリタイヤを余儀なくされた。

なお、ウーゴ・バレンテはメカニカルとみられる問題で、グリッドからスタートできなかった。

来季のWTCC開幕まで4カ月。4月9日にマラケシュで開催されるWTCCモロッコラウンドで期待できることはなんだろうか。

写真はFIA授賞式でシトロエン・レーシングのイヴス・マットン代表、WTCC王者ホセ・マリア・ロペス、2位イヴァン・ミュラーと一緒のモンテイロ。

FIA世界ラリークロスの王者マティアス・エクストロームは、2017年にWTCCが「ジョーカーラップ」を導入することに賛成している。

トム・チルトンが2017年のWTCCで目指すのは栄光のタイトルだ。セバスティアン・ローブ・レーシングとシトロエンCエリーゼWTCCで、イギリス人ドライバーとして3人目となる世界王者になることができると信じている。

イヴァン・ミュラーは、WTCCにマカオとモンツァが戻ってきたことを支持している。

ポールスター・シアン・レーシングは、最高の形で2016年のWTCCを終えた。テッド・ビョルクがボルボS60ポーツスターTC1で2レース連続表彰台を勝ち取り、ドライバーズ選手権で10位フィニッシュしたのだ。