Back

News

ロペスはWTCCのスターになる運命だった…かつてのボスが明かす

ロペスはWTCCのスターになる運命だった…かつてのボスが明かす

04/08/2015 12:00

ホセ・マリア・ロペスは、初めてWTCCに参加したときから勝利を手にする運命にあったようだ。

2年前のこの日(8月4日)、アルゼンチンでのWTCCデビューでロペスが勝利を収めるのを目にしたドミニク・グレイナー氏はそう見ている。

グレイナー氏はヴィヒャーズ・スポーツを運営し、2013年のテルマス・デ・リオ・オンドでアルゼンチンのBMWを走らせた人物だ。彼は元F1ドライバーのアプローチと能力にすぐに感銘を受けた。

グレイナー氏は「彼の記録を知っているから、私は彼がうまくやると思っていた。これほどとは思わっていなかったがね」と述べている。「我々が走らせていたBMWはそこまで強くなかった。だから、インデペンデント・トロフィーでうまくやれることを願っていたんだ。テストでは12位あたりだったけど、それからのセッションはすべて5位以内だった。とてもうまくドライブしたんだ。彼が勝ったとき、我々はうれしかったよ。夢のようだった」。

グレイナー氏はロペスの献身ぶりも強調している。「彼は深夜に私にメールを送ってきていた。マシンやセットアップのフィードバックをね。とてもハードワークしていたよ。常に遅くまでトラックにいた。彼は今でも当時のままだ」。

ヴィヒャーズ・スポーツでフレディ・バースに代わってスポット参戦したにもかかわらず、レース1を5位で終えると、ロペスはレース2で勝利を収めた。

だが、その年のうちに、ロペスはシトロエンチームとファクトリードライバーとして契約。2014年はドライバーズ選手権を制した。

グレイナー氏は「あれはスポット参戦だったし、もちろん我々はもっと多く望んでいたが、シトロエンと彼が契約したと知ったときには、彼のことを思ってうれしくなったよ。我々のチームを誇りに感じた。我々はファクトリードライバーを育てたのだからね」とつけ加えている。

来月のJVC KENWOOD WTCC日本ラウンドを前に、ロペスはドライバーズ選手権で2位に55ポイント差をつけてトップに立っている。

シトロエン・レーシング代表のイヴス・マットンは、WTCC優勝4回のイヴァン・ミュラーが、ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでも不運に見舞われ続けたことに同情している。

ノルベルト・ミケリスは、ホンダのチームメートであるチアゴ・モンテイロの健康こそが、ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでの表彰台よりも大切だと述べた。

トム・チルトンがWTCCで2連覇中の王者ホセ・マリア・ロペスを称賛し、モータースポーツ界のレジェンドであるアイルトン・セナ氏と比較できると述べた。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでのメインレースは、ノルベルト・ミケリスとのバトルの末にホセ・マリア・ロペスが制し、ドイツラウンドで2連勝を飾った。

ファイナルラップでチアゴ・モンテイロとイヴァン・ミュラーがクラッシュするドラマティックな終わりを迎えたWTCCドイツラウンドのオープニングレースは、ホセ・マリア・ロペスの勝利に終わった。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでのMAC3は、ホンダがシトロエンを下した。