Back

News

ロペスはWTCCのスターになる運命だった…かつてのボスが明かす

ロペスはWTCCのスターになる運命だった…かつてのボスが明かす

04/08/2015 12:00

ホセ・マリア・ロペスは、初めてWTCCに参加したときから勝利を手にする運命にあったようだ。

2年前のこの日(8月4日)、アルゼンチンでのWTCCデビューでロペスが勝利を収めるのを目にしたドミニク・グレイナー氏はそう見ている。

グレイナー氏はヴィヒャーズ・スポーツを運営し、2013年のテルマス・デ・リオ・オンドでアルゼンチンのBMWを走らせた人物だ。彼は元F1ドライバーのアプローチと能力にすぐに感銘を受けた。

グレイナー氏は「彼の記録を知っているから、私は彼がうまくやると思っていた。これほどとは思わっていなかったがね」と述べている。「我々が走らせていたBMWはそこまで強くなかった。だから、インデペンデント・トロフィーでうまくやれることを願っていたんだ。テストでは12位あたりだったけど、それからのセッションはすべて5位以内だった。とてもうまくドライブしたんだ。彼が勝ったとき、我々はうれしかったよ。夢のようだった」。

グレイナー氏はロペスの献身ぶりも強調している。「彼は深夜に私にメールを送ってきていた。マシンやセットアップのフィードバックをね。とてもハードワークしていたよ。常に遅くまでトラックにいた。彼は今でも当時のままだ」。

ヴィヒャーズ・スポーツでフレディ・バースに代わってスポット参戦したにもかかわらず、レース1を5位で終えると、ロペスはレース2で勝利を収めた。

だが、その年のうちに、ロペスはシトロエンチームとファクトリードライバーとして契約。2014年はドライバーズ選手権を制した。

グレイナー氏は「あれはスポット参戦だったし、もちろん我々はもっと多く望んでいたが、シトロエンと彼が契約したと知ったときには、彼のことを思ってうれしくなったよ。我々のチームを誇りに感じた。我々はファクトリードライバーを育てたのだからね」とつけ加えている。

来月のJVC KENWOOD WTCC日本ラウンドを前に、ロペスはドライバーズ選手権で2位に55ポイント差をつけてトップに立っている。

ポールスター・シアン・レーシングのボルボS60ポールスターTC1が、ウェイトなしで8月5日から7日まで開催されるアルゼンチンラウンドに臨むこととなった。

ニッキー・カツバーグが今週末、ベルギーのスパ・フランコルシャン24時間レースで連覇を目指す。

WTCC3連覇に向かっているシトロエンのホセ・マリア・ロペスが、メッシやファンジオ、ステーキ、忙しさ、そして8月5日から7日まで開催されるアルゼンチンラウンドでの勝利について語った。

WTCCアルゼンチンラウンドに向け、ラーダ・スポーツ・ロスネフチがギアを入れている。今月、スペインで3日間のテストを行った。

4月のWTCCハンガリーラウンドでは、オープニングレースでメフディ・ベナーニが2度目の勝利を手にした。また、トム・チルトンが10位スタートから見事な追い上げを見せ、セバスティアン・ローブ・レーシングがワンツーフィニッシュを果たしている。

9月2日から4日まで開催されるWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍は、成功のためにベストを尽くすと語った。