Back

News

ロペスはWTCCのスターになる運命だった…かつてのボスが明かす

ロペスはWTCCのスターになる運命だった…かつてのボスが明かす

04/08/2015 12:00

ホセ・マリア・ロペスは、初めてWTCCに参加したときから勝利を手にする運命にあったようだ。

2年前のこの日(8月4日)、アルゼンチンでのWTCCデビューでロペスが勝利を収めるのを目にしたドミニク・グレイナー氏はそう見ている。

グレイナー氏はヴィヒャーズ・スポーツを運営し、2013年のテルマス・デ・リオ・オンドでアルゼンチンのBMWを走らせた人物だ。彼は元F1ドライバーのアプローチと能力にすぐに感銘を受けた。

グレイナー氏は「彼の記録を知っているから、私は彼がうまくやると思っていた。これほどとは思わっていなかったがね」と述べている。「我々が走らせていたBMWはそこまで強くなかった。だから、インデペンデント・トロフィーでうまくやれることを願っていたんだ。テストでは12位あたりだったけど、それからのセッションはすべて5位以内だった。とてもうまくドライブしたんだ。彼が勝ったとき、我々はうれしかったよ。夢のようだった」。

グレイナー氏はロペスの献身ぶりも強調している。「彼は深夜に私にメールを送ってきていた。マシンやセットアップのフィードバックをね。とてもハードワークしていたよ。常に遅くまでトラックにいた。彼は今でも当時のままだ」。

ヴィヒャーズ・スポーツでフレディ・バースに代わってスポット参戦したにもかかわらず、レース1を5位で終えると、ロペスはレース2で勝利を収めた。

だが、その年のうちに、ロペスはシトロエンチームとファクトリードライバーとして契約。2014年はドライバーズ選手権を制した。

グレイナー氏は「あれはスポット参戦だったし、もちろん我々はもっと多く望んでいたが、シトロエンと彼が契約したと知ったときには、彼のことを思ってうれしくなったよ。我々のチームを誇りに感じた。我々はファクトリードライバーを育てたのだからね」とつけ加えている。

来月のJVC KENWOOD WTCC日本ラウンドを前に、ロペスはドライバーズ選手権で2位に55ポイント差をつけてトップに立っている。

2016年のWTCCも数多くのドラマと興奮があった。みなさんのWTCCの知識をこちらのクイズでチェック!

12月25日に37歳の誕生日を迎えたロブ・ハフ。2012年の王者であるイギリス人ドライバーのWTCCでのキャリアを数字で振り返る。

...

24/12/2016 06:00 - 2016

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

エステバン・ゲリエリが今季のWTCCに出場したのは一度だけかもしれない。だが、地元アルゼンチンで開催された8月のWTCCで、彼は大きなインパクトを残した。

トム・チルトンは2017年、モータースポーツの歴史をつくることを目指す。初めてWTCCとBTCCを同時に戦うドライバーとなるのだ。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のベストオーバーテイクを選出した。