Back

News

フランスラウンド、フリー走行1回目はマがベスト

フランスラウンド、フリー走行1回目はマがベスト

27/06/2015 12:12

JVCケンウッドWTCCフランスラウンドのフリー走行2回目では、マ・チンホワが最速タイムを出した。

シトロエンのマは、グレゴワール・ドゥムースティエを抑えてのトップだった。ドゥムースティエは2位でポール・リカールでの好調を維持している。3位はトム・コロネル、4位がウーゴ・バレンテとなり、シボレーRMLクルーズTC1の3台が上位4位までに入っている。

5位はメフディ・ベナーニ、6位がトム・チルトン、7位はセバスティアン・ローブ、8位がイヴァン・ミュラー。チアゴ・モンテイロが9位、ステファノ・ダステが10位で続いた。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。

WTCCアルゼンチンラウンドのオープニングレースは、セバスティアン・ローブ・レーシングのトム・チルトンが初勝利を収めた。地元出身のホセ・マリア・ロペスは、18位スタートから5位フィニッシュしている。