Back

News

フランスラウンド、フリー走行1回目はマがベスト

フランスラウンド、フリー走行1回目はマがベスト

27/06/2015 12:12

JVCケンウッドWTCCフランスラウンドのフリー走行2回目では、マ・チンホワが最速タイムを出した。

シトロエンのマは、グレゴワール・ドゥムースティエを抑えてのトップだった。ドゥムースティエは2位でポール・リカールでの好調を維持している。3位はトム・コロネル、4位がウーゴ・バレンテとなり、シボレーRMLクルーズTC1の3台が上位4位までに入っている。

5位はメフディ・ベナーニ、6位がトム・チルトン、7位はセバスティアン・ローブ、8位がイヴァン・ミュラー。チアゴ・モンテイロが9位、ステファノ・ダステが10位で続いた。

9月2日から4日まで開催されるWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍は、成功のためにベストを尽くすと語った。

ホンダがファクトリーマシンを1台増やすことになった。9月2日から4日に開催されるWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、日本人ドライバー道上龍が参戦することになったのだ。

来月、WTCCにデビューするエステバン・ゲリエリ。2連覇中の王者ホセ・マリア・ロペスに続くドライバーにまつわる注目の10ポイントを紹介する。

エステバン・ゲリエリが来月のWTCCアルゼンチンラウンドで、王者ホセ・マリア・ロペスとともに地元のトラックを走ることとなった。

ドライビングで語るホセ・マリア・ロペスだが、今月のブエノスアイレス200キロではステアリングをマイクに持ち替えることになった。

来月のアルゼンチンラウンドを前に、ロブ・ハフはテルマス・デ・リオ・オンドのサーキットを「美しいトラック」と評している。