Back

News

WTCCの新ヒーロー、ネストール・ジロラミ

WTCCの新ヒーロー、ネストール・ジロラミ

16/06/2015 11:29

アルゼンチンの新星ネストール・ジロラミが、今週のスロバキアラウンドでWTCCデビューを飾る。ホンダ・レーシング・チーム・スウェーデンの新戦力を紹介しよう。

出身:ジロラミは1989年5月22日、コルドバ州南部の小さな街イスラ・ベルデで生まれた。

拠点:母国の首都ブエノスアイレスがジロラミの新たなホームタウンで、しばらく前から拠点としている。

愛称:ニックネームはベブ(ベイビー)。最も若いドライバーの一人であることが由来。

若き日:多くのアルゼンチンの若手スターたちと同じように、ジロラミも50CCゴーカートからキャリアをスタートした。

有望株:10歳になるまでに、ジロラミはアルゼンチンのカート選手権でスティヒルクラスの2位に。2000年から2005年までの間に、プレジュニア125CCカテゴリーで大きな成功を収めた。

カートからマシンへ:ジロラミは16歳のときにフォーミュラ・ルノー1.6でデビュー。カーレースでの初シーズン、ブエノスアイレスで表彰台に立っている。

モンツァ・マジック:2006年、ネストールはイタリアのフォーミュラ・ルノー2.0に招待された。イェンツァー・モータースポーツチームで6位フィニッシュと期待を裏切らず、アルゼンチンのフォーミュラ・ルノーと地域のフォーミュラ・ルノー・プラス選手権でも2位に入った。

次のステップはホンダ:2010年のTC2000シーズンでホンダとサイン。ツーリズモ・カレテラシリーズで経験も積んだ。

さらなる飛躍:2012年にはプジョーに移り、2013年のスーパーTC2000では最終ラウンドで現WTCC王者ホセ・マリア・ロペスにわずかのところで敗れた。2014年はチームメートのアグスティン・カナピノを下し、アルゼンチンで新たなナンバーワンとなっている。

2015年:今季序盤、ジロラミはブラジルのゴイアニアで開催された長距離レースのストック・カーイベントに初参戦。リカルド・マウリシオとパートナーを組み、カルロス・ブエノと並んで4位フィニッシュし、ロペスに勝利している。

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。