Back

News

故郷ブダペストでミケリスが願うのは…

故郷ブダペストでミケリスが願うのは…

30/04/2015 19:10

WTCCのトップスターにもそれぞれのヒーローがいる。地元のエース、ノルベルト・ミケリスが今週末のハンガリーラウンドで楽しみにしていることの一つが、キミ・ライコネンとの再会だ。

ライコネンは1日、ブダペスト・ストリートショーの一部として、F1のフェラーリのマシンを披露。多くのファンを魅了した。F1やWTCCのほかのドライバーたちや、ほかのモータースポーツの関係者たちも目にしたショーで最も注目されたのは、もちろん、2007年のF1王者で、前回のバーレーンでのレースでも表彰台に立ったライコネンだ。

ゼングー・モータースポーツでホンダ・シビックをドライブするミケリスは、「キミは僕がF1で大好きなドライバーの一人なんだ」と語った。「彼はとてもリラックスした人で、自分らしくあることができる人なんだよ。2012年に会ったんだけど、また彼と話せるのを願っている」。

ライコネンはハンガリーでも成功を収めてきた。2005年のグランプリを制しており、その後も6度にわたって表彰台に立っている。

彼の人気は、ブダペスト・ストリートショーの雰囲気を盛り立てるだろう。ミケリスは「パレードは素晴らしいイベントだ」と述べた。「何千人というファンがいるし、最高の雰囲気だ。レースのある週末じゃないから、ギリギリのところで競うストレスもないね」。

MOLグループWTCCハンガリーラウンドは、5月1日から3日までハンガロリンクで行われる。

2日にウィーンで開催されたFIA表彰式で、WTCCのトップドライバー3名が表彰された。シトロエンはマニュファクチャラーズ選手権優勝を表彰されている。

WTCCで3連覇を成し遂げたホセ・マリア・ロペスは、ウィーンでのFIAの授賞式を心待ちにしている。

先週のWTCC DHLカタールラウンドでメインレースを制したメフディ・ベナーニは、全力で臨んだことが勝利につながったと信じている。

WTCCのプロモーターであるユーロスポーツ・イベンツのフランソワ・リベイロ代表は、来季のタイトル争いはオープンになると述べた。

WTCCに戻ってきた今季の最終戦となった先週のカタールラウンドで、ジェームス・トンプソンはWTCCトロフィーの表彰台を手にした。

WTCC DHLカタールラウンドで表彰台に立ったテッド・ビョルクだが、ポールスター・シアン・レーシングにとって最悪なタイミングだったのかもしれない。